こだわり/タイヤ作業 こだわり/社長の独り語

独り言
タイヤガーデンカルベット社長“すずき”の独り言を、日記にして皆様にご紹介します。尚、更新は不定期になります。予めご了承ください。



 

2017.12.30

今年も昨年同様にブログの更新ができませんでした。申し訳ありません。<(_ _)>今年の冬の商戦は11月中旬ころより始まり、12月中旬までほぼ毎日タイヤの交換作業で一杯でした。皆さんありがとうございました。品物が欠品していてご迷惑をかけたりとかもなく、『タイヤ保管サービス』もうまく機能してとてもスムーズに作業ができました。今年はヨコハマタイヤも新しい商品『アイスガード6』を発売しました。すでに装着され乗った感想などもお客様よりいただいていまして、とても評判も良くこれからも自信をもって販売していけそうです。今年も今日を含めあと2日です。1年間大変お世話になりました。来年も今年同様、一生懸命頑張ります。皆さん見捨てずご愛顧よろしくお願いします。

今年の営業は本日までとなります。来年からの営業は5日(金)からとなりますのでよろしくお願いします。

一年間ご愛顧ありがとうございました。
タイヤガーデンカルベット 店主 2017年12月

年末年始 営業の案内

2017.12.20

新型WRX Stiのエアロパーツ取付

フロントLEDライナー無し フロントLEDライナーあり フロントアンダーSP サイドアンダー右側 サイドアンダー左側

2017.12.14

三菱アイが白煙を吹いた!

アイのエンジンルーム タービン本体

2017.12.11

心優しい交通安全委員会のおじ様

三輪田様

2017.12.08

旧型プレオにGABホイール装着

プレオ GAB TR装着

2017.12.02

タントのウォーターポンプの軸ブレ

タント 軸がぶれたウォーターポンプ ウォーターポンプ本体

2017.11.22

新型ボルボXC90

最新の機能が装備されています。 XC90の前 XC90の後

2017.11.17

シトロエンC3のパワステが壊れる!

C3のバッテリー ヒューズBOX? エンジンルーム C3前 C3後@ C3後A パワステ用ヒューズ

2017.11.14

スバルから『WRX sti』の特別仕様『S208』が発売になります。限定『450台』です。メーカーさんの話によると、この車を購入する場合いつもの事なんですが、抽選で予約をすることになります。今回は450台の所を約1200申し込みがあり、金額も700万円オーバーなのにかなり人気があることがわかりますよね!そんなS208のカタログが3部手に入りました。必要な方はご連絡ください。あまり多い場合は『抽選』ではなく『先着』になります。!(^^)!よろしくお願いします。<(_ _)>

『S208』本カタログ WRX sti

2017.11.12

最近天気も良くバイク乗りのお客様にとっては、とっても良い『ツーリング日和』です。今日はそんなバイク乗りのお客様がいっぱい!『タイヤ交換』『オイル交換』『ETCセットアップ』『カスタマイズ』いろいろな作業依頼を受けました。タイヤ交換については、工具も充実したせいか作業時間が4輪並みになってきました。!(^^)!新品でしたら持込もOKですので、是非一度ご相談ください。今日作業をしたすごく大きなバイクの『ハーレー』のフロントタイヤ交換は、使っているメッキ部品がすごくきれいに磨いてあって、慎重に作業を進めました。最後に完成した時、お客様が4色に光る『LEDライト』を見せていただきましたが、スゴイですね!メッキで輝いているエンジン部分が光でさらに輝いていて、『アメリカン』な感じがしました。

GSR250F 新品タイヤに交換 赤く光ったエンジン 青く光ったエンジン 黄色く光ったエンジン 交換したキャストホイール

2017.11.09

先日オイル交換に来店されたお客様より『プラグ交換』の依頼を受け作業をしていたところ?プラグのレンチが刺さるところの形状が通常のものと違い、6角が12角になっていました。仕方がないので工具を用意してから後日作業をすることになりました。今日はその作業依頼です。写真のように14m/mの12角になっていて、『MINI専用』プラグレンチです。一般的には16m/mが主流なんですが、ヘッドがコンパクト化されプラグのような突起物はどんどん小型化されています。これから先も専用工具が主流になってくるんでしょうか?(*_*)

ミニクロスオーバー ダイレクトイグニッションコイル ミニ専用プラグ

2017.11.06

最近は『タイヤガーデン』らしくタイヤの販売、作業がすごく多くなりました。スタッドレスタイヤの『予約販売』『交換作業』がこれからピークをむかえます。皆さんも待ち時間の少ない早目の交換がお勧めです。今日はダイハツ『ソニカ』のタイヤ、ホイール交換です。冬の時期になるとスタッドレスタイヤとホイールのセットで購入されるお客様が増えてきます。タイヤだけではなく、ホイールの需要期にもなってきます。そこでメーカーもこの時期に合わせて、『廉価品』『中級品』のホイールをたくさん販売してきますので、価格、デザインでいろいろな物が選べます。今回のお客様も夏タイヤでの装着でしたが、ちょっとスノーにはもったいないデザインのホイールをチョイスされお得にご購入されました。(GABタイプTRのブラックポリッシュです。)店頭にもたくさん飾ってありますので、是非ご来店ください。今年の冬のセールは『11月18日より30日』まで開催します。掘り出し物があるかもしれません!是非どうぞ!!(^^)!

GAB タイプTR ブラック ダイハツ ソニカ

2017.11.04

いつも『スバル』さんからの依頼で作業をしていますが、今回は当店で『車を購入』いただいたお客様のナビの取付です。車両はレガシーの『アウトバック』です。マイナーチェンジ後の仕様で以前取付をした時とは結構違っていました。前方、後方、サイドに標準でカメラが装着されたため、取り付けのメインはナビゲーションです。モニターサイズが大きくなり専用のパネルが装着されたナビ本体を車に取り付けます。オプション部品取付用の『電源ボックス』の取り付け位置も変更になりスペースがかなり狭くなってきたようです。ナビのメーカーも最近スバルで人気の『三菱電機製』で、お客様の評価も非常に高いです。ホント高級車に生まれ変わった感じですね!このように『スバル車』を当店でご購入の場合は、ついでのスペシャルチューニングができるので、お客様も大喜びです。!(^^)!

装着前のインパネ周り ここに三菱のナビが・・・ 取り付けられる部品 標準装備のバックカメラ 今年人気のカラー 装着後はこんな感じ!

2017.10.29

三菱『デリカD5』のお客様より依頼の作業です。最近TVCFでも良く見かけるようになりました、三菱の『アクティブギア』シリーズです。今回はそのAGブランドのオレンジ色の『フォグランプベゼル』と、『ブラックグリル』の取付です。国内で販売されるミニバンの中でも他車にはない悪路を走破するイメージは、三菱は得意な分野ですよね!お客様との話の中で、「人と違うアクティブなイメージにしたい」という事で、一番簡単な方法を選んでみました。『純正部品』なので取付はボルトオンで、とてもきれいに装着できます。本当はホイールもイメージチェンジしたかったのですが、予算の関係で次回にという事でこんな感じになりました。車ってこんな感じで『カスタマイズ』すると、またこの時点から新たな気持ちで付き合っていけるので良い意味でリフレッシュできてとてもいいですよね!当店のデモ車も『10万キロ』突破して足回りをリフレッシュしましたけど、とても楽しく乗れてますよ!!(^^)!

オレンジ色のベゼル ノーマルグリルです。 グリルの比較 完成です。!(^^)!

2017.10.28

最近よく見かけるようになりましたね!軽自動車の『白ナンバー』です。今日来店のお客様のナンバーが変わっていました。先月までは『ラグビーワールドカップ』記念のナンバーでしたが、今回は先日も紹介した『東京オリンピック・パラリンピック2020』の記念ナンバーです。派手なタイプではなく、オリンピック、パラリンピックの『エンブレム』がさりげなく表示されていて、いい感じでした。前後違うデザインなのでよく見てみてください。!(^^)!

パラリンピックマーク オリンピックマーク

2017.10.26

あと数日で10月も終わり、『バイク乗り』にとってはだんだん気乗りしなくなる時期が始まります。「今のうちに!」と思っている方も多いと思いますが、今回のお客様も季節が終わる前に車検の依頼に来店されました。ヤマハの輸入車で『XVS1300』です。ハーレーのような大きさで、エンジン音も大きく僕のような小柄にはとても似合わないようなバイクです。マフラーの交換をして、ブレーキオイルの交換など、車検の整備をこなして検査、登録をします。今週の週末には出かけたいと言っていましたが『台風』も気になりますよね!?

V型の1300ccエンジン 純正マフラー

2017.10.23

当店の『サービスカー』が生まれ変わりました。!(^^)!ただし中身は今までと同じです。外装を少しでも目立って、かっこよくしたくて、『ADVAN・GABカラー』にしてみました。20年前の懐かしいカラーリングの再現です。モータースポーツ色の強い『走り屋』のイメージなんですけど、実際は程遠い仕様です。これから便利な箱バンに少しづつ改造していきたいと思います。

カルベット仕事車@ カルベット仕事車A カルベット仕事車B

2017.10.19

シートで人気の高い『RECARO』から新商品が出ました。早速お客様より発注をいただき今日届きました。!(^^)!以前よりコストパフォーマンスも高く人気のあった『LX−VS、VF』シリーズの新作です。『LX−F IN110』はヘッドレストが一体式になり生地の素材が最近のものになり破れにくくなりました。カラーも純正のシートに合わせたような色使いで、どんな車両にも合いそうです。今回のお客様はスバルの『旧サンバー』に取り付け予定です。少々加工をしての装着になりますが、乗り降りを考え座面の低いタイプで、純正シートの色に合わせグレーにし、一番細身のタイプにして軽自動車でも装着可能なものを選びました。

LX−F IN110 本体

2017.10.14

最近お客様より『純正相当のオイルを』という依頼が増えてきました。それも今流行の低粘度オイルで『0W−20』の製品です。本来オイルに求められるのは、金属同士の摩擦を極力減らし金属の摩耗による劣化を抑える役目が目的でした。ですがエンジンの部品の精度が向上し、それに合わせてオイルの役目もシビアになってきてより摩擦を抑える添加剤がより重要となりました。そんな折に『低燃費』を強調した車両には低粘度のオイルは必需品です。ですがエンジンを損傷する可能性もあるためなかなか製品としては高価な物しかありませんでした。メーカー純正のオイルは正直『保証期間内』に問題が無ければOKというスタンスでやっていますので、永く大事に乗られるユーザーにとっては保証が切れた後が肝心です。車を買い替えるのであれば問題ありませんが、その後も使い続けるのであればよく考えて選んだ方が良いと思います。そこでカルベットではその低粘度タイプのオイルの標準グレードのものを用意しました。テストを重ね純正オイル以上の性能で安心してお使いいただけます。メーカーは2種類です。一つは『EPL』の商品で『PLO−0W−20(S)』です。価格は定価2100円(メンバー1900円)です。そしてもう一つは『MOTUL』の『H−TECH100 0W−20』です。価格は定価1800円(メンバー1500円)です。是非一度お試しください。!(^^)!
ヨコハマのタイヤで『dB』がモデルチェンジです。『ADVAN dB V55211月1日発売開始です。もともと静粛性には評判が高かったのですが、さらにレベルアップして『1dB』騒音を下げました。業界の人に言わせるとこれは快挙だそうですよ!!(^^)!デシベルファンの方はそそりますね!詳しくはこちら
先日好評だった『特別仕様ナンバープレート』で、ラグビー日本代表に続き今回は『東京オリンピック、パラリンピック』の記念プレートの案内です。寄付金を収めるとこの時期限定の記念プレートが手に入ります。軽自動車の方に特に人気ですが、いかがですか?!(^^)!

PLO−0W20(S) H−TECH100 0W−20 量り売りになります。 ADVAN dB V552 新発売! 東京オリンピック、パラリンピック特別仕様ナンバープレート

2017.10.11

水曜日で定休日の今日は『敦賀』で、今年の新商品スタッドレスタイヤの『アイスガード6』の試乗会があり行ってきました。午後からの試乗だったので、午前の早い時間にちょっと足を延ばし『越前海岸』沿いの道の駅の温泉に入ってきました。日本海を眺めながら入る露天風呂は最高ですね!!(^^)!海岸沿いを走る道路も最高に気持ちが良くタイヤと車の調子を観るのに最適でした。『スタッドレスタイヤの試乗会』はタイヤ業界では毎年のように行っていますが、今年は新商品の試乗ができるという事ですごく楽しみにしていました。いつもの事ですが、写真、ビデオ等は一切禁止ですので、内容については店頭にて確認してみてください。語りだしたら止まらないくらい話が聞けますよ!!(^^)!

露天風呂 越前海岸から日本海 こっそり試乗会! 敦賀港の警備船 くるみ羽二重もち

2017.10.07

先日加工取付した『up!』のお客様がオイル交換に来店されました。よく見ると例のスポイラーの穴の開いた部分に『グロメット』が付いています。雨水がたまることもなくいい感じですね!!(^^)!最近は毎日『スタッドレスタイヤ』の見積もりで忙しくなってきましたが、今日は今シーズン初の『スタッドレスタイヤの装着』です。実のところ夏タイヤが1本サイドが破れてしまい、新品に交換をしなくてはいけなかったのですが、来春『ホイールセット』を購入予定で少し早いですが冬タイヤをやむなく装着することに。でも最近のスタッドレスは乾燥路面でも普通に使用できますから(今年発売のアイスガード6)、お客様も安心して乗車できます。皆さんも混みだす前に早期の装着をお勧めいたします。<(_ _)> ご注意!(今シーズンの込みだす時期は11月中旬から12月中旬までです。)

up!のRスポイラー 『アイスガード6』 ミラココア

2017.10.02

先日車検を受けた車のお客様より「車の調子が?」との依頼で確認をしてみると、『オーバーヒート』はしていませんがエンジンルームから「ゴボゴボ」と音がする!走行して確認をしてみても異常なしだったので、怪しいところの部品を外して確認をしてみました。冷却水が減っていて、音がしてなんだかおかしいという事なのでまずは水回りの確認です。『圧力』をかけて水漏れをチェック!そして音がするという事なのでどこかで水が『太くしたい文字沸騰』している?『ラジエターキャップ』『サーモスタット』、そして『ウォータポンプ』の確認です。どうやらサーモスタットが機能していなくて開かなかったようです。部品の取り寄せで時間がかかるため、サーモスタットを外してしばらく乗ってもらい様子を見ることに・・・1週間後に本修理です。

サーモハウジング 調子の悪いエンジン サーモスタット

2017.09.30

先日大好評だったお客様の車の『Rスポイラー』の取付です。車はVW『up!』です。カラーは?ブルーで、とても似合っていて他にないイメージですね!もともと取り付けは『両面テープ』での固定でしたが、少し危なさそうだったので思い切ってRハッチに『ナット』を埋め込んでボルト止めにすることにしました。ナットは『ナッター』と呼ばれる工具でボディに穴をあけ埋め込んで固定します。見た目もそんなに悪くなくちょっとレーシーな感じですよね!ただスポイラーを止めるためにボルトを通すための穴が開いてしまったので、これをふさぐ『グロメット』が必要ですね。!(^^)!でも、お客様は大喜びでした。リピーターのお客様が現れるかな?(*_*)

塗装されたスポイラー本体 ナットを埋め込みました。 装着後はこんな感じに 後から見ると この穴が気になりますね!

2017.09.28

今月は用品の取付とタイヤ交換で大忙しです。皆様ありがとうございます。!(^^)!今日タイヤ交換で作業をした車で、とても気になったので写真を撮ってしまいました。ベンツの『SLK AMG』です。今の型だとは思いますが、2シーターのオープンカーはこの年になると憧れますね!日本車ではマツダの『ロードスター』、ホンダの『S660』ぐらいしかありませんが、輸入車はすごく豊富です。走り、操作性、外観全てかっこいいって感じですかね。特に走りにはこだわりますね。子供たちが独り立ちして、一人で行動するようになるとこういった車が気になってくるんでしょうね!!(^^)!

SLK AMG 迫力があります! 今回はRタイヤの交換です。

2017.09.26

相変わらずスバルさんは絶好調です!当店ではスバルさんの外注作業として、新車のオプション品の取り付けなどの仮装の作業をしています。最近ではスバル人気もあって『レヴォーグ』『インプレッサXV』などがすごく多くなっています。今回も『コーナーセンサー』など外装品を中心に取り付けしました。普段は見かけませんが、外装の作業をする場合は「まずはバンパーの取り外しから・・・」から始まります。昔と違いプラスチックのカバーなので、クリップで簡単に留まっています。でも新車でこのような姿を見ると、お客様はビックリでしょうね?(*_*)しかしメーカーさんはそのような作業も難しくならないよう工夫をして製作していますから、要領さえつかめば簡単です。?!これも長年の経験値が生きているんですね。!(^^)!

Fバンパーを外すと・・・ 裏から穴をあけます。 Rバンパー下のカバーの取付 サイドモールも所定の位置に!

2017.09.24

今日の作業はマフラー、エアクリ、ショックの交換作業です。車はマツダ『スクラムバン』なのですが、スズキのエブリバンと全く同じなので、部品等はエブリ用で用意しました。最近ではこのような作業がめっきり減ってしまってなんだかすごく久しぶりって感じで気合が入りました。!(^^)!マフラーとエアクリは、先日サンバーにも取り付けたメーカーで『ウイルズウイン』製のものです。マフラーは『砲弾型』の迫力のあるタイプで、クリーナーは『キノコ型』のチャンバー付きの仕様です。ショックはローダウンサス用のKYB製『ローファースポーツ』を選びました。お客様も大変満足で喜んでみえました。!(^^)!

キノコ型エアクリーナー KYBローファースポーツ コンパクトマフラー

2017.09.21

中古車で買った車が、車高調、19インチ仕様でかっこよく決まっていたのですが、乗り心地や走行性能でどうしても納得いかなかったため、『インチダウン』とノーマルショックに変更して『ダウンサス』のみ装着することになりました。車はトヨタの『マーク2ブリッド』です。タイヤは19インチで中国産の無名なメーカー品、車高は数センチしかなくいろんなところで走行上の弊害があったようなんですが、今回は18インチにダウンしてホイールとタイヤを新しく購入です。タイヤはやはり『国産』が良いという事で『ブルーアースA』に決定。ダウンサスは『RS−R』の40mmダウンのタイプ。如何でしょうか?見た目は何気なくダウンしていて、違和感もなくちょうどよい感じです。何よりタイヤが依然と全く違い最高です。(最近このようなアジアンタイヤから国産に変える方が多いです。)お客様も大満足でした。!(^^)!

マーク2ブリッド 18インチのブルーアース RS−Rダウンサス 車高調

2017.09.19

今日も一日バイクデーでした。!(^^)!先日タイヤを購入いただいたお客様(持ち帰りで!)が金沢に下道を使って5、6時間かけて帰るという事で、調子の悪いエンジンの調子を見てほしいと来店されました。アイドリングをせず『エンスト』してしまうみたいで、確認をすると『パイロットジェット』のつまりで低速が吹けなく、急きょオーバーホールをすることになりました。シングルキャブなので、タンクを外せばすぐにむき出しに、そしてWAKO’Sの『エンコン』できれいに掃除をして、元に戻して快調に!長い道中で心配の種があると、せっかくのドライブが台無しに!バイクの場合はしっかりメンテをしましょうね。!(^^)!
そしてもう一台は『ハーレー』のダイナです。こちらの作業は『ETC』の取付と、予備燃料タンク、カバンの取付です。いろいろとカスタマイズしてあるので、ツーリングに行くにはちょっと心細く、こちらも事前にメンテをしています。実はお客様の依頼で、『バッテリー』も交換してほしいと言われていましたが、ハーレーのバッテリーは特殊で社外品がとても少ないです。でも今回は『MKバッテリー』をチョイスして取り付けました。!(^^)!

シングルキャブ ホンダ クラブマン250 ハーレー純正バッテリー

2017.09.17

久しぶりの2輪車の整備です。ホンダの名車『NSR250』です。『2サイクルエンジン』で、イグニッションキーが『カード』になった特殊なバイクです。今回はそのイグニッションを交換してエンジンをかけようとして、かからなかったため持ち込まれました。エンジンの作動確認の基本『圧縮、火花、燃料』この3点を確認したところバッテリーが壊れている事と、燃料が腐っている事の2点が原因でした。燃料を新しくして、ブースターケーブルで電源を供給して、セルボタンではなく『キック』でエンジンを始動します。すごく良く整備されているようなので一発始動でした。!(^^)!久しぶりの2スト!良いですね!!(^^)!

タンクを外しチェックです。 メインのリレーが動かない? イグニッションCPU 新品の燃料とブースターで 一発始動! 白煙もうもうです。

2017.09.14

今年の『スタッドレスタイヤ特別商談会』のはがきが完成しました。9月15日より10月31日までの期間限定です。昨年と違い2日間ではありませんので、当店スタッフとゆっくり相談できます。是非ご来店ください召せ!<(_ _)>
最近『エコカー』のエンジンオイルの指定粘度が従来品と違いどんどん低粘度になりました。具体的には『0W−20』のように、とてもエンジンオイルとして使うには油膜が本当にできるのか性能を疑ったものでした。ところがこのような特殊なオイルのための『添加剤』が開発され、低価格で提供できるようになり燃費向上を達成するためにも都合のよいオイルが使われるようになりました。純正オイルがその代表です。しかし当店のようにオイルにこだわるお店の立場としては、あまり勧められなく現行では『5W−30』で代用してきました。そんな折に『MOTUL』より従来より販売していました『H−TECH100』ブランドより0W−20が発売になり、テストをした結果純正オイル以上に性能が良く、今回当店でも販売することになりました。価格は5W−30より300円高くなりますが、安心して使えますので是非ご利用ください。!(^^)!

DMはがき表 DMはがき裏 H−TECH100の『0W−20』 ニューペールです。

2017.09.12

スバルの外装の作業が終わり、ディーラーさんへと運ばれる新型スバル『XV』です。何でもこのカラーは『新色』だそうで、記念に撮ってみました。!(^^)!

NEW XV@ NEW XVA

2017.09.10

今日で完成です。!(^^)!ショックとスプリングを交換して、後は『アライメント』を調整して完成です。今日は仕事の合間を見ながら、測定と調整を繰り返し仕上げます。当店には『4輪アライメント』はありませんが、競技場でも測定可能なダンロップ製の『トーインゲージ』『キャンバーゲージ』があります。長年の経験値から大体の設定をし、最後に微調整をします。そして半日かけてセッティング完了!ところがそのセッティングの最中に大変な事がおきてしまい、修理を合わせて行うことに・・・実は、このアライメント作業の前に当店おすすめのEPLオイルに『オイル交換』をしていました。そして試走の時エンジンのレスポンスがあまりに良くて、ついつい!(^^)!。その結果『オイルレベルゲージ』のOリングの所からオイルが吹き出しこんなことに!10万キロ走行後はいろんなところが壊れてきますので、定期的に検査はしたいですね!(*_*)

セッティングデータ オイルが溢れ出ました! アンダーカバーにも オイルパンにも これがレベルゲージです。

2017.09.07

先日発注しておいた商品が今日入荷し、早速取り付けをいたしました。当店のデモ車の『ゴルフ6ヴァリアント』の足回りの交換です。3年ほど前にとっておいた『アイバッハ』のダウンスプリングと昔から気に入っていた『太くしたい文字オーリンズ』のノーマル形状『DFV』です。実はこのモデル、ゴルフ5のGTI専用モデルで形状は同じなので装着はできますが、セッティングはどうなんでしょうか?でも今回は、テーマを『スポーツ走行時のハンドリングと外観のイメージチェンジ』としていて、アライメントなどに特に力を入れました。!(^^)!

フロントノーマル オーリンズとアイバッハ シェル径が55パイで同じ リヤノーマル ショックとばねと別々 リヤSAはバイクみたい!

2017.09.03

常連のお客様のワーゲン『up!』の車検の依頼です。アップと言えばコンパクトカーで輸入車の軽自動車バージョンのようなイメージがありますが、この車は違います。!(^^)!走るため(スポーツ走行)の部品がいろいろ変えてあって、乗るとわかりますが別物です。個人的に、このアップのシルエットが好きで、昔競技で使っていた『シティー(GA2)』を連想させます。やはりコンパクトで、軽くて、足の良い車は乗っていて最高です。!(^^)!欲を言えば、A/Tではなく『マニュアルミッション』が欲しいですね!

スパルコを履いたup! すっきりしたシルエット 水中メガネのようなRハッチ

2017.09.01

先日新車で購入された車のホイールをリフレッシュです。!(^^)!車種はスズキ『ソリオ バンディット ハイブリッド』です。最近このクラスのコンパクトカーはとても人気があり、各メーカーかなり力を入れています。軽自動車よりも室内を少し広くし、高さはミニバンほど高くなく、どちらかというと軽自動車では物足りない、でも乗用車はいらない少人数で使用される方向けなんですかね?今回選んだホイールはヨコハマ『ADVAN RZ2』の15インチで、色は黒!アクセントに『マックガード』の赤いナットを選んで一味違うスタイルになりました。このホイールを決めた決定的な理由は『軽さ』です。やはりハイブリッド車を選ぶ方は燃費重視の方が多いんですね!そういえば以前まではトヨタ『SAI』にお乗りで、タイヤを『ブルーアースA』に変えて燃費がすごく良くなったと喜んでみえました。!(^^)!

ADVAN RZ2 ソリオバンディット ハイブリッドエンジン カッコいい!!(^^)!

2017.08.29

今年の『スタッドレスタイヤ』の販売施策が決まりました。!(^^)!ヨコハマタイヤでは今年新商品の『アイスガード6』を9月1日より発売いたします。それに伴い昨年までの主力商品だった『アイスガード5+』は廉価扱いとなり価格が昨年より下がります。ですが、春先のタイヤ値上げと同様に10月1日よりこのアイスガード5+が値上げされます。(アイスガード6はそのまま変わらずです。)そのため例年行っていました『特別商談会』を前倒しして9月より行いたいと思います。例年通り9月、10月は値引の幅も大きくお得になりますが、特に9月中はアイスガード5+が値上げ前で特にお得となります。少しややこしいですが、ちょっとでもお得に購入したい方は是非この機会に!当店のメンバーの方には9月中旬ごろ『DM』を送らせていただきますので、少々お待ちください。<(_ _)>

DMの原稿案です。

2017.08.26

今日はとても珍しい車両の入庫です。2、3カ月ほど前からカスタマイズの計画を練りながら準備を進めてきた作業です。車はアルファロメオの『145』です。今回は、タイヤ、ホイール、ウインカー、バックランプのLED化の作業です。タイヤサイズは16インチでタイヤの種類も少ないのですが、ホイールはもっと稀少です。今世間でよく見られる『FIAT500』と同サイズのため少しは選択できますが、車両が旧車なのでその姿に似合うホイールがなかなか手ごわかったですよ!お客様にも納得していただいたホイールがこれ阿部商会の『MAK』の16インチです。タイヤは最近輸入車サイズが豊富になったADVAN『フレバ』です。一番苦労をしたのが、ウインカーとバックランプの『LED』への換装です。もともと純正のウインカーバルブは片側で前後のバルブが全てつながってバランスを取っているので、LEDのような定電圧回路のスタイルには調整などのセッティングをしてやらないと点灯しません。そのため『抵抗器』を付けて合わせます。そして極性もあるので端子の形状と合わせて組み合わせないといけません。でも出来上がると、とても明るく点灯の歯切れが良くお客様も大喜びでした。!(^^)!

アルファ145のフロント 145のリヤコンビネーション MAKトリノ

2017.08.20

先日絶滅危惧種と言っていた車両が再度入庫しました。三菱ランサー『エボ7』です。今度は途中でエンジンが吹けなくなって、再スタートもできなくレッカー移動をして来店されました。(*_*)今まで順調に走っていて突然止まったというと、まずは『点火系』かな?でも初爆があって不規則な状態での吹け不良なので、燃料かな?(ガス欠の時のような!)整備の基本の『点火、圧縮、燃料』3点を確認することにしました。コンプレッションは4気筒ともしっかり基準値あり、火花も飛んでいました。そういえばプラグが全く濡れていない!まさかと思い燃圧を測ると、ちょろちょろ!!(*_*)フィルターが詰まったかな?この車の場合『燃料フィルター』はリヤのガソリンタンク内の『燃料ポンプ』にくっついています。確認してみるとポンプの固定方法がタイラップでされていて、圧が掛かると配管がずれて燃料が漏れていました。結局燃料ポンプ周りを見直して、修理完了でした。!(^^)!

懐かしの4G63 エボの燃料タンク内

2017.08.17

今日ヨコハマタイヤのセールスの方が、『今年のスタッドレスタイヤのカタログ』を持ってきてくれました。!(^^)!今年の目玉は何といっても新商品の『アイスガード6』の内容ですね!例年と違いシックな感じでいかにも性能が良くなったとわかる内容です。キャッチフレーズも『冬の怪物、登場』です。なんだかすごそうですよね!!(^^)!まだ部数は少ないので、あまりお渡しできませんが、問い合わせ等あればお気軽に訪ねてください。店頭に商品のディスプレイも9月より始めますのでもう少しお待ちください。<(_ _)>

ヨコハマ冬カタログ 冬の怪物、登場 スタッドレスの歴史 タイヤサイズリスト

2017.08.13

先日のマイクラリフレッシュ計画第二弾です。今回は『プラグ』の交換です。この車のエンジンは国産エンジンと少し違っていてあまり整備性が良くありません。プラグホールにアクセスするために『インテークマニホールド』を外さなければいけないのと、その周りの『スロットルボディー』等も邪魔になるのでヘッド周りはバラバラですね!でもそのおかげで『ヘッドのインテーク側のポート』が良く見えて、先日の『PL−220S』の効果がバッチリ確認できます。結果は思った通りすごくきれいに燃焼されていて、カーボンの付着が少なかったです。おまけに添加剤がまだ少し残っていて効果が出ていることが良くわかりました。プラグに関しても、端子が消耗しているわけではありませんが、カーボンで真っ黒です。この部品の交換は効果がかなりありますね!!(^^)!
こちらの車は三菱『デリカD−5』です。今日は『サブバッテリー』のチェックです。取り付け位置はちょうどボディー下の真ん中あたりにぶら下がっています。純正仕様なので、とても作業性も良く、バッテリー自体も特殊ではなく市販のもので対応しています。さすがアウトドアの人気車『デリカ』ですよね!!(^^)!

マイクラC+C 1600エンジン インテークマニホールド 特殊なプラグ デリカD−5 サブバッテリー

2017.08.11

ホンダ『N−ONE』に社外アルミホイールを装着しました。お客様の希望は「黒いホイールで、安いもの」で、最近は『黒のホイール』がたくさん種類が増え高価な物から値打ちなものまでいろいろ選べるようになりました。今回はスタッドレスタイヤの予約とホイールの入れ替えをご希望で、まずは夏タイヤにこのホイールをチョイスしてみました。!(^^)!やはり純正では味わえない良さが出ていますよね!後は車高を少し落とせれば最高です。と、お客様のコメントでした。!(^^)!

クリエイティブディレクション 14インチ ホンダ 『N−ONE』

2017.08.08

先月来店された日産『マイクラC+C』のオイルチューニングをしました。オイルは『EPL』製のPLO−300(10W−40)に交換をして、添加剤の『PL−100』を2本、そして燃焼室、スロットル部の洗浄を兼ねて『PL−220S』をインマニから注入をし、エンジンを暖気させます。注入後約15分ほどレーシングさせると、マフラーからEPL成分の焼ける匂いと少しの白煙が出てきて、少しずつエンジンが軽く回るようになってきます。白煙が少なくなってきたところで終了ですが、最後は燃えきってしまうので心配はいりません。そして余分なスラッジ等はある程度除去できるので、後はエンジンオイルに添加したEPLが金属の接触部を化学処理をしてくれて、さらにスムーズに回るようになります。乗れば乗る程調子が上がるというわけです。!(^^)!

日産マイクラC+C オープン状態!

2017.08.04

今日も珍しいバイクのお客様の来店です。トライアンフ『スピードトリプル』です。今回の依頼は『ETC』の取付とセットアップです。先日の『MT−09』と同じように3気筒エンジンのリッターバイクです。セミカウルの中に『インジケーター』を加工して埋め込み、本体はシートの下に固定です。ドカティと同じようにタンクが持ち上がるので配線等はクリーナーケースの脇を通してすっきり配線です。このバイクも輸入車になりますが、最近は当たり前のように見かけるようになりました。でもエンジンレイアウトとかデザインは国産と違いカッコいいですよね!!(^^)!
実は本日4日は恥ずかしながら、僕の誕生日なんです。そんな日にいろんな方からいろいろな物を頂き本当にありがとうございました。年甲斐もなく感激に慕っていました。この一升瓶も我が家の子供たち3人からの贈り物です。大好きな『芋焼酎』です。楽しく味わっていただきたいと思います。!(^^)!

メーター横にインジケーター こんな風にタンクが持ち上がるんです。 スピードトリプル 霧島酒造の新商品!

2017.07.31

インターネットより問い合わせのあったお客様が来店されタイヤ交換をしました。バイクはBMW『R1100RS』です。タイヤはブリヂストンの『バトラックスEVOT30』で、このバイク専用のようなタイヤです。今回はRタイヤの交換です。シャフトドライブのこのバイク、タイヤ交換のためホイールをバイクから外すのですが、他社と違いハブに『4本のボルト』で止まっています。まるで4輪のBMWのタイヤを外す時と同じ感覚でとても整備性が良かったです。年式は少し古く見えましたが、車体の整備もしっかりされていてとてもきれいでした。古いタイプのものをきれいに安全に整備されていると、僕たちメカニックも『気合』が入りますね!(どんな気合いかわかりませんが?)!(^^)!

R1100RS BMWR1100RS リヤタイヤの交換 ボルト止めのリヤホイール

2017.07.30

先日タイミングベルトを交換した『グランドハイエース』の作業の続きです。今回は『ショック』の交換です。もともとこの車両は貨物登録車で、どこのメーカーからもリプレイス用のショックの設定はありませんでした。ですがカルベットでは調べましたよ!純正のショックの品番等からワゴンのものと同じことがわかり、交換することになりました。結果は予想通りとても乗り味が良くなり、お客様も大満足でした。!(^^)!

リヤショックの装着後 グランドハイエース ノーマルとの比較

2017.07.28

最近バイクの世界では『ヤマハ』がすごく元気です。(僕もバイクに乗り始めたころからヤマハ党だったんですけど!)今日のお客様は『ETC』のセットアップに来店されたお客様です。バイクはヤマハ『MT−01』です。なんだかどこかで聞いたことのある名前だなと思っていたのですが、最近ヤマハで人気のある『MT−09』の事だったんですね!3気筒エンジンでとてもパワーがあり、軽くて、安くて、ヤマハの元気印なバイクだったので聞き覚えがありました。でもオーナーのお客様に聞いてみると、「このバイクは09のようなかっこいいバイクじゃありませんよ!!(^^)!」と、重くて、排気量が大きいだけですと。車検証を見てびっくりしましたが、排気量が1700ccでOHVの2気筒です。なんだかすごいトルクで高速走行はとても走りやすそうで面白いバイクでしたね。見た目は09によく似ているんですけどね!(*_*)

MT−01 OHVのV型2気筒 5500rpmかレッドゾーン!

2017.07.27

仕事の都合で以前まで長距離移動用に使っていた車を、通勤快速を含めた趣向性の高い車に乗り換えられました。その車がこれで、日産の『マイクラC+C』です。初めて見る車でしたが、詳しく説明をしてもらってとても面白い車なんだと・・・見た目は『マーチ』なんですけれど、エンジンは1600ccで、足回りが輸入車と同じ(基本がルノー)、ウインカーレバーも左側で、ハードトップがリヤのトランクにすっぽり収まるコンバーチブルタイプです。乗ってみても国産の雰囲気ではありませんでしたね!すごく面白い車です。!(^^)!これから走行性能を上げるチューニングをどんどんやっていきたいとおっしゃっていましたが、とても楽しみです。皆さん、そんな車ご存知でしたか?(*_*)

MICRA@ MICRAA MICRAB MICRAC

2017.07.25

最近修理の依頼がとても増えました。!(^^)!『タイヤにこだわり、大事な車に永く乗る』そんなお客様に喜んでもらえるように技術を磨くうえでは、とても勉強になります。ありがとうございます。<(_ _)>そんな時にも、今日は車検の依頼の車で「車を買った時から走らない!」というお客様からの要望で整備をしました。何と『タービン』のアクチェーターバルブが脱落、そして『エキマニ』が割れていて排気漏れでした。これでは走らないはずです。(*_*)作業内容は、中古のタービンの交換作業、エキマニを新品に、そしてエアコンのコンプレッサー交換です。軽自動車はフロントバンパーを外すと、エンジンに簡単にアクセスできるのでとても楽です。これでバンバン走るようになり、エアコンもよく効き快適な仕様になりました。!(^^)!

アクチェーターバルブが? タービンアッシー エンジンのエキマニ部です。

2017.07.23

昨日に続き今日も重整備の依頼です。『グランドハイエース』の『タイミングベルト交換』の依頼です。走行距離が10万キロを超えてからの定番作業です。この車、実は『キャンピングカー』になっていまして、今回のベル交換以外にも、車載の冷蔵庫の故障と、足回りがへたってきたので交換したいのと、ヘッドライトを『LED』のH4に交換することなど、まだまだ長く乗れるようにメンテナンスをすることになりました。この車の兄弟車で『グランビア』もとても人気車種で、当店のお客様でも長く乗られている方はいますよ!!(^^)!

V6エンジンです。 新しくつけられたベルト

2017.07.22

今日の作業は最近では『絶滅危惧種』になりつつある三菱『ランエボ7』のラジエター交換です。お客様より「エンジンの下からオイルじゃない緑色の水が・・・」と心配されて、確認をしてみると、圧をかけるとラジエターのアッパー部からジワリと液が漏れ出し、要交換となりました。もともとパワーのある車なので社外品で探すといろんなタイプのものが設定あります。アルミ3層、銅タイプなどどれも高価なものが多くてさすがエボ用かな?って感じです。でも今回は予算の関係でノーマルの社外品をチョイス、そして『キャップ』と『サーモスタット』も同時交換です。

4G63のターボエンジン ランエボ7

2017.07.20

今年ヨコハマタイヤは冬商品の定番!『スタッドレスタイヤ』の新商品を発売いたします。9月1日発売のアイスガード 6(シックス)です。メーカーより19日に正式に発表がありましたが、昨年まで主力だった『アイスガード ファイブ+』よりもさらに性能を上げての登場で、販売をする私たちもとても楽しみです。!(^^)!特にスタッドレスタイヤの弱点の『太くしたい文字雨の時の走行』がかなり改善され、どんな状況でも使用できる万能スタッドレスになりました。当然以前より評判の良かった『燃費性能』も健在です。IG50+でも充分な気がしますのでかなりの優れものですね!今回の発表に合わせて、冬タイヤの値上げも『10月1日より』と告知がありました。当店では値上げ前の早期予約と、在庫処分と新商品の特売を9月から11月にかけて行う予定ですので、少しでも安くと思う方は早めにご相談ください。<(_ _)>

メーカープレス発表@ メーカープレス発表A

2017.07.18

今年の夏のイベントは『タイヤ替えトク市』です。現在好評開催中です。毎年抽選でいろんなグッズが当たる抽選会も行っています。今回は『パーソナルクーラーボックス』がA賞で1本!B賞が『ヨコハマオリジナル瞬間冷却パック』99本あります。はずれ無ですので何かは当たります。皆さんよろしくお願いします。!(^^)!

替えトク市の案内 今年の景品は!? パーソナルクーラーボックス ヨコハマオリジナル瞬間冷却パック

2017.07.16

今日の作業は以前より依頼を受けていた修理で、『パワーステアリング』の作動不良の修理です。車はトヨタの『パッソ』です。走行中突然『EPS』のチェックランプが点灯して、ハンドルが突然重くなってしまいます。最近のパワステは電動になっていますから、今回は『モーター』が怪しいかなと分解してみました。すると『ブラシ』のところが案の定汚れていて、接点不良になっていたようです。今回はその部分の清掃とオーバーホールです。!(^^)!以前のようにポンプでオイルを汲んで圧力をかけて作動させるタイプと違い、なんだか扇風機を修理するような感覚ですね!(*_*)

トヨタパッソ@ トヨタパッソA ステアリングコラム シャフトアッセンブリ モーター本体 汚れたコイル側 アウターの接点部分

2017.07.14

先日お預かりをした『ハーレー』のブレーキオイル交換で在庫が無かったので慌てて他のお店から借りてきました。ハーレー純正オイル『DOT5』です。実はこのブレーキオイル普通のものとはちょっと違うんです。通常よく使われているのがDOT3とか『DOT4』なんですが、どれも主成分が『エチレングリコール系』。数字が大きいほど高性能で沸点が高くモータースポーツ向けですが、吸湿性も高く頻繁に交換もしなくてはいけません。おまけに塗装面に悪影響を及ぼすのでこぼさないように注意して扱います。ところがこのハーレー用は、数字からはもっと高性能かと思いがちですが違います。性能はDOT4とほぼ同じですが主成分が『シリコン系』なんです。触るとわかりますが、さらっとしていて通常のオイルとちょっと違うなって感じます。一番の違いは、オイルの色が『紫色』なのと、塗装面にあまり影響を与えないって事です。やばいのは混ぜちゃうことなんですね!でもこのDOT5、汚れてくると通常の無色系になってくるので要注意ですね!意外とメカニックの中でも知らない人が多いんですよ。カルベットでは在庫していますのでいつでもOKです。!(^^)!このオイルはアメ車系に多いですね。ハーレーの場合は2008年以前のモデルです。ちなみに通常のタイプのもので高性能なものは『DOT5.1』になります。

ハーレー純正『DOT5』

2017.07.11

今日のスバルの作業は『リヤモニター』の取り付け作業です。車はスバル『フォレスター』で最新のモデルです。いつもと同じようにバイザーと『LEDライナー』と一緒に取り付けです。メーカーは『アルパイン』の既製品をスバルチューンでフィッティングキットを用意しての取付になります。以前『アルファード』等、ミニバンには何度か取り付けたことはありましたが、フォレスターでは初ですね!!(^^)!でもさすが純正部品です。こんなにきれいに普通に付いちゃいました。さすがですね!

LEDライナー 切り取った天井部分 穴の開いた天井 装着されるとこんな感じに! 違和感ないですよね

2017.07.09

昔から『ランエボ』に乗っていた常連のお客様が、セカンドカーを買ったからと来店されました。FIAT『500アバルト595』です。アバルトチューンの最高級車です。!(^^)!さすが『ミッション車』にこだわっている昔人間!『こうでなくっちゃ!』スパルコのレザーシートと、赤いブレンボキャリパがその気にさせてくれて、足回りも好評の『KONI』が装着され、すぐにでも峠に行きたくなる仕様です。!(^^)!

サイドエンブレム レザーステアリング 赤いブレンボとKONI 赤いザリガニ??

2017.07.08

先月の終わりに発表になったばかりのスバル『WRX sti』の新車の仮装の依頼です。当店にはスバリストなお客様が多いので、ここで新型車両のお披露目です。!(^^)!今回は『ビッグマイナーチェンジ』なので、外装上はあまり変わっていません。ですが機能面ではすごいことになっています。『ブレーキキャリパー』が黄色に塗装され、F『6POT』、R4POT仕様になりました。それに合わせてタイヤは19インチ!ヨコハマの『ADVAN V105』の採用です。他にも19インチで『ダンロップ製』のランフラットタイヤの仕様もあります。シートは『RECARO』の革シート。センターデフコントロールの『DCCD』もバージョンアップしてより早くなりました。これだけついて400万円は高いか安いか?皆さんはどう思いますか?僕はお得だと思いますよ!!(^^)!

WRXのフロント WRXのリヤ V105の19インチタイヤ 6POTキャリパーのF 4POTキャリパーのR 280km/hフルスケールメーター Fエンブレム

2017.07.01

今日の車検のバイクは『ドラッグスター1100』の作業です。メニューは通常の車検整備と、『Rタイヤ』の新品交換、『ブレーキパッド』とRの『ディスクローター』の新品交換、そして『オイル交換』です。(EPL添加剤も入ります!!(^^)!)ヤマハのアメリカンバイクの大型はさすがに重いですね。タイヤ交換はいつもと同じクレーンで持ち上げて作業をしました。このバイク『シャフトドライブ』仕様なので、通常のバイクスタンドでは少し大変ですね!大型バイクに乗るようになるとわかりますが、重量のあるバイクは『Rブレーキ』をかけながら『バランス』を取るので、ブレーキパッドの摩耗はとても速いです。このお客様の場合も気づいたときにはローターも削ってしまい、危うくピストンが飛び出るような!とても危険な状態でした。皆さんも要確認です!(*_*)

Rタイヤ交換です。 ドラッグスター1100 ダンロップの『D404』です。

2017.06.29

1月ほど前よりお預かりしていた車の修理が終わり、やっと納車ができるようになりました。セキュリティの関係で詳しくは説明できませんが、車の『キー』が回らなくなり、「エンジンが止まらなくなる!」症状です。(*_*)車両はVWの『ゴルフヴァリアント』です。当店のデモ車と同じです。調べてみるとこの『キーシリンダー』の故障は結構あるみたいで、国産車ではあまり考えられないことなんですが・・・!?今回の修理で一番困ったのは、「エンジンが切れない」でした。ミッション車であればクラッチ操作で『エンスト』という手がありますが、オートマチック車ではできません。それにバッテリーを外しても止まりません。???どのように止めたかというと、バッテリーを外した後オルタネーターを動かしている電源のヒューズを抜いて止まりました。ホントに参りました。(*_*)でもこれでまた一つ知識が増えました。人が作った機械ですから、止められないわけがありませんよね!これからも頑張ります。

ゴルフヴァリアント@ ゴルフヴァリアントA ステアリングコラム 壊れたキーシリンダー コラムカバーの下は?

2017.06.27

今年の春計画をしていたお客様の『サンバー』が今日完成いたしました。!(^^)!今では珍しい車となってしまったサンバーですが、使い勝手が非常に良く今でもすごく人気の車両です。今年3月にこのノーマルサンバーを、車高ダウン、面一のタイヤホイール、マフラー、ボディ補強、そしてお客様のこだわり『アルマイトブルー』のアクセントをつけてここに完成しました。最近上記の部品を生産しているメーカーも少なくなり、受注生産や、ショップオリジナルなど地道に探しました。スプリングは『ZOOM』、タイヤは『Sドライブ』の16インチ、ホイールは受注生産の『ワーク』、マフラーは『ウイルスウイン』、『マックガード』のロックと、『ディクセル』のパッドとローターです。如何でしょうか?!(^^)!

スバルサンバー@ スバルサンバーA スバルサンバーB 16インチ『リザルタード』 コンパクトマフラー ?補強材

2017.06.24

先日から予約をしていただいていたお客様のバイクのタイヤ交換です。!(^^)!今日のバイクはハーレーの『スポーツスター』です。いつものようにフレームにワイヤを掛け天井より吊り上げての作業です。車重が重いバイクの場合この方法が一番安心して作業が行えます。宙ぶらりんで安定しないように感じますが、高さの微調整が簡単にできるためシャフトを通す時、タイヤをフェンダーの中に入れる時などに効果抜!でも考えてみたら、一般整備は不向きですよね?やはり『バイクリフト』が欲しいですよね!!(^^)!

スポーツスターの完成! 極太のリヤタイヤ 当店のバイク専用リフト? ダンロップの『kabuki』

2017.06.20

今日も2台のバイクのメンテです。1台は先日の車検を受けた『XJR1300』、もう一台はホンダ『CB1100』です。今では当たり前になった便利な『モバイルデバイス』、これをバイクに装着して使うために電源装置『USB電源』を取り付けました。防水機能があり電源を取るだけじゃなく、『バッテリー安定器』として接続したりとても便利になりました。もともとバイクは機能上、体の動きを制限されるので、簡単な操作で情報を収集できればすごく快適な乗り物になります。ツーリングに行く上でも工夫をしていろんな機能が使えるようにするのもチューニングの一環として楽しいですね!!(^^)!

XJR1300とCB1100 『USB電源』の取付

2017.06.18

今日のインプレッサはいつもの『ナビ』付けだけじゃなく『STI』のエアロパーツの取り付けです。STIと言えば『WRX』とか『レヴォーグ』を想像しますが、インプレッサスポーツにも受け継がれていましたよ!とってもカッコいい!でも取り付けにとても神経を使います。大変でした。(*_*)

Fアンダースポイラー サイドステップ Rアンダー?STI?

2017.06.17

昔乗っていたバイク『XJR1300』の車検整備です。!(^^)!このバイクのオーナー様は少し年配の方なんですが、僕らと違いいつも、少しでも時間があると流してみたりするとてもバイクの好きな方です。今回の依頼は車検と、足回りの『オーバーホール』、そして今まで気になっていたところの修理です。見た目は全くのノーマル、僕が乗っていた頃と変わりはありませんでした。乗ってみると車重があるせいか、ハンドルは重く取り回しも大変で気軽に乗れる感じではありませんでしたが、オーバーホール後は劇的な変化ですごく乗りやすくなりました。なんだかもう一度乗りたくなってしまうバイクになりました。!(^^)!

P03Jの1300エンジン Fフォークを外した状態 Fショック ひび割れたインシュレーター キャブレター装着

2017.06.13

BMW320iの車検とオイル交換です。以前より予約をいただいていたお客様からの依頼です。今回はオイルとエレメントの交換と合わせて『オイル漏れ』の修理も合わせてやっちゃいます。『VA20型』のエンジンフロント側のセンサーの元からと、エレメントケースの付け根から漏れている感じです。エンジン回りの補機類を外して前周りにアクセスすると、やはり思った通りでセンサーの取り付け部の『太くしたい文字Oリング』がカチカチの状態になっていて、早速交換です。輸入車の『ゴム製品』ほ全般的に劣化が早そうですね!でも交換すればまた元のようになるので、センサーアッシーの交換よりは安く済みそうですね!『アンダーカバー』もオイルまみれで、合わせてきれいにしておきました。

VA20のエンジン センサー部からのオイル漏れ フィルターケース ヘッドのセンサー部 センサー本体

2017.06.10

今日の作業はバイクのオイル交換とタイヤ交換です。先日の『EPLフェア』の時の依頼分です。車種はスズキ『ジェベル』今までオンロード主体のタイヤだったのを、オフ主体のダンロップ『D605』に変更して装着です。当店のチェンジャーで分解する場合は、ブレーキローターを外す必要があるので外すことにしましたが、この手のボルトは何度も脱着をしているとヘックスの部分が緩んできます。次回は交換した方が良さそうですね!(*_*)オイルは100%化学合成油の『PLO−203』の10W−40です。そしてオイルエレメントと添加剤の『PL−500』を50cc充填です。250ccのバイクは消耗品にかかるコストも安くて、とても経済的ですね!!(^^)!

ジェベル@ ジェベルA ディスクローター 完成です。!(^^)!

2017.06.05

おめでとうございます。!(^^)! 昨日の『PL−500抽選会』の当選者の方は、多治見市在住の「春田 真様」です。早速ご連絡をさせていただきました。来年をまたご期待ください。ありがとうございました。<(_ _)>

当選者の発表です。

2017.06.04

今年のフェアの内容は@EPLオイル、添加剤の特別価格販売。A極圧試験機による製品テスト。Bおもてなしの『ホットドッグ&ドリンク』。CカルベットとEPLのアーカイブ。Dスタッフの熱い思い!の感じで行います。今年初のアーカイブコーナーでは歴代の『PL−500』や前商品の『太くしたい文字プロロング』、過去のイベントの様子、スタッフの若い頃の写真など盛りだくさんです。何といっても30年近く販売していますので、いろんな思い出があり、いろんなお客様と接してきましたので話は尽きません。そしてもう一つD『PL−500』抽選会!この企画は今年で3回目なんですが、年々盛り上がっています。是非参加してみてください。!(^^)!

極圧試験機 ホットドッグコーナー ポルシェ964 空冷エンジン

2017.06.03

今日から始まります。『2017EPL感謝祭!』6月3、4日の2日間です。普段以上にお客様とゆっくりお話をしたり、車についての相談に乗ったり、また『おもてなし』の一環で、「ホットドッグ」と「ドリンク」を用意しました。初めての方外でも楽しめるように企画をしました。どうぞごゆっくりと!!(^^)!

EPL感謝祭@ EPL感謝祭A EPL感謝祭B EPL感謝祭C EPL感謝祭D EPL感謝祭E EPL感謝祭F

2017.06.01

ニュースでも報道されていましたがホンダ『モンキー』が生産中止になりましたね!何でも排ガスの規制に合わせるための開発費が車両代と合わない!とか。また一つ『昭和の名車』が』無くなっちゃうんですね。そんな話をしていたところへ、お客様からモンキーの修理の依頼です。!(^^)!なんでも10年ほど放置してあった車両を動くようにとのことで、このような依頼はとても多く、とても得意です。『キャブレター』のオーバーホールと点火系のチェック、ピストンの圧縮圧力。内燃機関の3原則の確認です。状態がとても良かったので半日ほどで復活です。!(^^)!

希少車モンキー@ 希少車モンキーA キャブレター

2017.05.28

昨日に続き今日も輸入車の整備です。一番得意な『フォルクスワーゲン』で、『パサートオールトラック』の「ドアミラークローザー」と「アンサーバック」のユニット取り付けです。ドアミラークローザーは国産車では当たり前になっていますが、輸入車ではまだオプション扱いなんですね!運転席のドアパネルを外して、ミラースイッチのユニットの配線に割り込ませる作業です。メーカーは『M+』。とてもコンパクトに作成されていて、信用性も高そうです。アンサーバックはスピーカーをFバンパー内に取り付けて、配線をバルクヘッドを通して配線しなければいけないので、最近の車ではとても大変です。他にもボディ補強部品『CPM』の取り付けです。ドイツ車全般に言えますが、内装部品の脱着をするときとても工夫をして組み付けてあるので、分解をするときもそのつもりで作業をしないと壊してしまいます。細心の注意をしないといけないメーカーです。(*_*)

『CPM』の取り付け ドアパネルを外すと・・・ 特殊なクリップ(2段タイプ)@ 特殊なクリップA ユニットの取り付け バンパーを外すと?

2017.05.27

最近輸入車のお客様が多くなってきましたが、今日は初めて(オイル交換では!)『ジャガー』の入庫です。大きなボディサイズと、V型の大排気量エンジンは迫力があり、ゆったりとした余裕のある車ですね!下回りを見ても高級車によくある『アンダーパネル』はしっかり作ってあって、整備性もとても良い感じです。話は違いますがこんな高級車の純正ボディメンテナンスキットは当店で販売している『オートグリム』なんですよ!!(^^)!

ジャガーの前 ジャガーの後 V型の大排気量エンジン ジャガーのエンブレム

2017.05.25

普段オイルの仕入をするとき、メーカーより200Lのドラム缶で入荷します。その中身をピット内の『オイルサーバー』に移植をして、残った『ドラム缶』をメーカーに処分してもらっていました。ところが最近このドラム缶のデザインがちょっとカッコよくなり、ピット内で作業台替わりに使っていましたが、つい先日『廃油受け』として加工をしましたが、これがなかなか良くて便利に使っています。!(^^)!メーカーは『MOTUL』です。

MOTUL廃油受け

2017.05.23

皆さん大変お待たせしました。!(^^)!本日写真のような『DM』を送らせていただきました。毎年恒例、1年に一度の一大イベント!『EPL感謝祭!』のご案内です。今年でこのお祭りも20年経過しております。内容は例年通りオイル、添加剤が特別価格で提供するのはもちろん、『おもてなし』の一環で焼きたての『ソーセージ』、ドリンク、そして今回特別企画で、『EPL、カルベットアーカイブ』として、1985年から現在に至る変遷をご紹介したいと思っています。この機会に普段なかなかゆっくり話の出来ないスタッフと語り合ってみませんか?何か発見できるかも!それと3年前から始めた『抽選会』も好評です。来店できなくても、この『はがき』がイベント2日目の閉店までに届けば権利があります。当たる確率もかなり高くなっています。(400枚送っています。)是非是非!!(^^)!

2017EPL感謝祭!

2017.05.19

今日はバイクのタイヤ交換です。ヤマハの『XVS1200』で、ハーレーのように大きなバイクです。!(^^)!以前から重量級のバイクは『バイクスタンド』で固定するのに少々不安な面があって、ハーレーの時もそうでしたが『チェーンブロック』でフレームごと持ち上げて作業をしています。今回はタイヤ以外にも『Rブレーキパッド』『エンジンオイル』も交換する予定だったので、非常に作業もしやすく安心でした。最近バイクの作業が多くなってバイク専用の『リフト』が欲しいな!と思っています。まだ贅沢ですかね?!(^^)!

チェーンブロックで固定 タイヤを外すと・・・ 特殊なタイヤです。BS製 完成です。!(^^)!

2017.05.18

お客様が車を買い替えをされ、納車後の初めての来店です。ボルボ『XC90』からXC90に乗り換えです。全体的な容や使い勝手は変わりは無いのですが、モニターなどのインフォーメーションやスイッチ類の操作性が最先端を行ってるようなものに変更されています。まるでゲーム感覚で車を運転するような・・・!納車前にタイヤとホイールを購入いただき、車への装着後の姿です。操作スイッチで一番驚いたのが、この『スタートスイッチ』の操作性です。通常はボタンを押すだけで、『ACC』『ON』『OFF』の切り替えをしていましたが、これならスイッチの位置がわかりやすく間違えにくいので画期的なタイプですね!ますますゲーム感覚になってしまうと思いますが、使い勝手はどうなんでしょうか?!(^^)!

20インチのタイヤホイールセット 新型XC90のフロント 新型XC90のリヤ パーキングブレーキのトグルスイッチ

2017.05.16

先日預かっていたバイクと同じく400ccの『CB400F』のハンドル交換の作業です。『CBX400SF』『CB400SS』と同じメーカー同じ排気量のバイクですが、見た目やエンジン音まるで違います。今回のものは特徴的なのが『4本出しのマフラー』です。シートのレイアウトはSSと同じでエンジンはCBXと同じマルチタイプ!何だか良いとこどりのバイクですね!!(^^)!この排気量アップのバージョンがあると良いですよね!?今回の作業のハンドル交換は、バーハンドルからセパレートハンドルへの換装で、合わせて『トップブリッジ』と『グリップ』も交換します。大昔僕らが全盛だったころ?良く流行っていた気がしますけど、今では珍しい感じもします。でも付いてみるとこれもアリかな?ですね。!(^^)!

ハリケーンのトップブリッジ ハンドル部 取り外されたバイク@ 取り外されたバイクA 換装後のCB@ 換装後のCBA

2017.05.14

最近ちょっと話題になってきています。『ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート』という企画です。4月3日から全国で交付が始まっていますが、岐阜県では3月末までの申し込みで、登録車27件、軽自動車121件で軽自動車の方が人気なようです。今日もお客様に話を聞きましたが、「高速道路で軽なのに白ナンバーで乗用車の料金を請求された。」だそうです。道路公団に連絡がしっかり行き渡っていなかったんですかね?(*_*)このナンバー『希望ナンバー』と同じ手続きでできるから簡単です。違うのは現在付いているナンバーと同じナンバーで登録ができる点です。皆さんもどうですか?『寄付金』がある場合と、ない場合で価格は違いますが合計10000円程でできますよ!詳しくは下記HP参考にしてください。 http://www.graphic-number.jp 詳しくはこちら

ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート 概要です。 こんな感じのナンバーです。 詳しくはこちらです。

2017.05.11

今月に入って『車検』がすごく増えました。!(^^)!ありがとうございます。今回の車検依頼の車はホンダ『CB400SS』です。ちょっと珍しいバイクなので、いろいろとウォッチングしてしまいましたが・・・。2気筒で400ccなので、そこそこのトルクがあり、排気音も『バーチカルツイン』のような音がしていていい感じです。(個人的にツインは大好きですので!!(^^)!)スタイルも良くて、女の子に合いそうなバイクですね。しばらく車庫に眠っていたのを復活させたのですが、フロントホイールの『スポーク』が折れていて、車検の前に交換です。部品は2、300円のものなんですが、工賃が高くなってしまいますよね!エンジン他の調子はとても良いので気持ちよく乗れそうです。!(^^)!

フロントホイールを外します。 スポークの取り付け 折れたスポーク CB400SS完成 400ccのツインエンジン

2017.05.09

いつも朝一番で来店される『3輪車』のオーナーのお客様が、新しい車で来店されました。!(^^)!いつもは『メッサーシュミット』と『イセッタ』をかわるがわる乗っていますが、今回は色も違うし、形もいつもと違う!増車?話を聞いてみると、友人が最近購入したそうで点検などを依頼されたようです。当店には空気圧の点検で来店されましたが、いろいろとお話を聞かせていただきました。何でもこの車はBMW『イセッタ』なんですが、いつものとは(青いタイプ)違って『左ハンドル』です。何でもドイツで生産されその後イギリスに渡った輸出車だそうです。青いイセッタは『右ハンドル』でしたが重量バランスが悪く、タイヤが片べりするそうで理想はこちらみたいです。!(^^)!動力系も左右対称になっていて逆の操作をしなければならず、最初は戸惑ったようです。!(^^)!

真っ赤なイセッタ 乗車するときは前面から BMWのマークが! Fバンパーが変わってます。 後側です。 BMW イセッタ リヤエンジンレイアウト フロントドアを開けると? 英国車の証

2017.05.06

先日『ADVANキャッシュバックキャンペーン』期間中にご購入いただいていたホンダ『NSX』用のタイヤとホイールを装着しました。!(^^)!ホイールは『ADVAN RZ』17インチのガンメタ。タイヤは『ADVANネオバ AD08R』、赤いボディーとガンメタのホイールの色がとてもマッチしていて、超かっこいい!!(^^)!思わずいろんな角度からカメラをパチリ!フロントが7.5Jの48でリヤが9Jの45という組み合わせで、メーカーからは『装着不可』とされていました。でも走行性能、見た目、いろいろ検討するとこの組み合わせがベストなんですよね!今回はその不可能を無視して取り付けちゃいました。(*_*)と言っても無理やりではありませんよ。将来的にはピッタリ装着できるように考えての加工をしました。詳しくは店長にご相談ください。!(^^)!ちなみに余談なんですが、当店の店頭に展示してあるシビック『EG6』のFキャリパーとNSXのFキャリパーが同じだって知ってました。形は微妙に違いますが、パッドの形状は同じなんです。!(^^)!章ちゃん同じホイールだよ、良く似合っているよね!見てやって!<(_ _)>

フロントタイヤ リヤタイヤ NSXかっこいいー 前から『NSX』 後から『NSX』 微妙なフロントキャリパークリアランス EG6シビックのフロントキャリパー

2017.05.06

春の履き替えセールも終盤になり、5月からはメーカー指導の『タイヤであ〜んしんフェア』が2か月間始まります。当店スタッフがご来店のお客様のタイヤをチェックさせていただき、状況のご説明をして粗品の『超・防災用ウェットティッシュ』と一緒に点検シートをお渡しします。オイル交換や、バッテリー交換などのついでにやっちゃいますから時間はかかりません。是非この機会にいかがですか?点検のみでも大丈夫ですよ!(^^)!目印はこの『のぼり』です。
恒例の『ADVANホイール』も入れ替えになりました。今回は『RZ2』の17インチのRGブラックと『GT』の19インチのハイパーブラックです。見学自由ですのでいつでもどうぞ!!(^^)!

タイヤであ〜んしんフェア 粗品とチェックシート 目印はこの『のぼり』 17インチ『RZ2』 19インチ『GT』

2017.05.02

先日作業をした『50プリウス』の再仮装の依頼です。今回はRアンダースカート、ハンドルプロテクタ、LEDリングライト、LEDフットライト、シートカバーの取り付けです。スバル車では何度となく作業をしていて、トヨタ車という事でちょっと大変かな?と思いましたが、『同じでした!』。最近の自動車メーカーは横のつながりがあるんでしょうか?LED関連の部品の取り付けはほとんど同じでした。スイッチ関係とか、使い勝手は違いましたが、ばらし方、配線の取り回しは同じになっちゃうんですね!でも『ホンダ車』は別ですよ!(*_*)

スカート履く前 スカート履いた後 ドアプロテクタ

2017.05.01

今年もやります』!表の看板の入れ替えです。今回は毎年6月にイベントをしている『EPL感謝祭』の事前告知をしました。ご存知の方は楽しみにしていた方もいらっしゃるので、内容も良くわかると思いますが、知らない方も一度来店して『EPLスタッフ』の話を聞くと毎年病みつきになるんじゃないでしょうか?今年は6月3、4日の2日間です。そして恒例の『抽選会』も予定していますので、来店できない方は事前にエントリーだけでもどうでしょうか?スタッフ全員でお待ちしています。<(_ _)>

EPL感謝祭2017 裏面です。

2017.04.30

早いもので今年も『ゴールデンウイーク』がやってきました。当店の休日は5月3、4、5日です。皆さんよろしくお願いします。タイヤ交換の作業も一段落で、これからは用品の取り付けや『カーメンテナンス』が増えてくる時期です。今日も『AZ−1』のお客様が、WAKO’Sの『RECS』通称『点滴』のご依頼です。見た目は変ですが、エンジンの燃焼室内部とインマニ内部を少しずつきれいにしてくれます。燃料添加剤の『フューエル1』とセットで行えば効果抜群です。長年たまったカーボンを取り除くためには通常はオーバーホールしかないのですが、これはコストの上でもお得です。!(^^)!このお客様の場合1年に1回のペースで行っています!

AZ−1byRECS ここから注入です。 休日のご案内

2017.04.27

先月注文をいただいた『NSX』のタイヤとホイールがやっと入荷しました。ヨコハマの『ADVANネオバ』と『ADVANレーシング RZ』です。NSXの最終型の純正サイズと合わせて、ノーマルに近いベストマッチで選択しました。Fが7.5Jでオフ48、Rが9.0Jでオフ45です。メーカーに確認するとFがキャリパーに干渉するといわれましたが、そこはお客様も良く調べていて将来的には解消!!(^^)!タイヤサイズとよく合っていて今から装着が楽しみです。
先日より預かっている2台のバイクがあります。よく見ると共に『1100cc』なんですが、方や(CB1100F)H10年式、方や(CB1100タイプ1)H22年式。12年違うとこうも違うんですね!まるで別物でした。!(^^)!
ハイエースに取り付ける車検対応用のインチアップサイズのタイヤは、人気のあるものでトーヨーの『H20』とかグッドイヤーの『ナスカー』が主流でしたが、ヨコハマからもラインナップされていました。(実は知りませんでした。)『PARADA PA03』です。もともと『map』シリーズに設定があったのを、サイドウォールのデザインを変更して制作したようです。どうですか?ハイエース乗りの方、ご検討ください。!(^^)!

ADVANづくし 新旧CB1100 PARADA PA03 200系ハイエース

2017.04.24

最近ではチューニングパーツの取り付けをする車種が変わってきたように思います。以前は『トヨタ車』がメインでしたが、『ハイブリッド車』が増えてからめっきり減りました。触りたくなるような車種が減ったのか、メーカーからの装着が多いのか、どうなんですかね?そこで今日はそのトヨタ『ノアハイブリッド』の足回り交換です。フロントは普通に『ストラットタイプ』で簡単そうでしたが、アッパーM/Tの取り付け位置がバルクヘッド近くになっていて、ワイパー本体や、ブレーキオイルのリザーバータンクの移動などアクセスが大変でした。特に左側の『コンバーター』は怖くて触れません。(*_*)でもなんだかんだ言って、トヨタの車は触りやすいですね!!(^^)!

フロントアッパー部 ストラットタイプのSA

2017.04.23

学生時代の友人が車を変えました。10年近く乗ったスズキの『スイフト』から新型のスイフトへ・・・!それも以前は真っ黒の『MT』『4WD車』だったのに、今回はATでFF車。本人に聞くと周りの人たちに考慮してという事ですが、少しこだわりを持って、『赤のストライプ』の入った限定車に!『派手!!』年齢を考えると抵抗を感じると思いますが、さすが私の友人、同じような性格ですね!!(^^)!納車になってから初のお目見えです。
今日もタイヤの脱着作業が多くて、本当にありがとうございました。<(_ _)> その合間にスバル『WRX S4』のお客様の車にリヤのアンダースポイラーを装着しました。以前『ウイング』の取り付けもしましたが、さすがスバル得意なカルベット!バンパーを簡単に取り外し取り付け完了!どうでしょうか?!(^^)!

新型スイフト RS ボンネットにストライプ WRX S4のフロント バンパーを外すと! 完成です。

2017.04.20

以前にも修理で入庫したことのある車が再度修理で入庫しました。BMWの『2002』です。朝お預かりして、夕方お返しするまでに、当店に来店された方のほとんどの方がとても気にしていました。特に年配の方!!(^^)!今回の依頼は、「ホーンを鳴らすとヘッドライトが点灯する」という、旧車によくあるような症状ですね。前回も「ウインカーを付けるとスモールが消える?」ような故障で、原因は『ヒューズBOX』の裏の配線がショートしてくっついていた事でなっていました。今回も同じかなと探ってみると、今度は『リレーユニット』とアース不良によるものでした。接点を磨いてやり、リレーには衝撃を与えて、見事復活!治っちゃいました。旧車の配線は自動車の構造の原点で製作されているので、とても分かりやすくていいですね!でも部品が調達できないので、アイデアであるものを加工してやるしかないのが、僕たち『メカニック魂』をくすぐるんですね!!(^^)!

まるに

2017.04.18

久しぶりに触ります。レイズの『CE28N』の14インチです。タイヤはブリヂストンの『レグノ GR−レッジェーラ』です。やはりレイズのこのシリーズはホントに『軽い』ですね!タイヤもホイールも最高級品です。(価格も最高級ですね?(*_*))装着車種は、今では絶版のスバル『プレオ』。僕も普段の通勤に使っていますが、とても良い車です。!(^^)!

旧型プレオ レイズCE28N

2017.04.15

今日もタイヤ、ホイールの交換作業です。トヨタの『200系ハイエース』に最近よく見かけるMKWタイプのホイールと、トーヨーの『H20』を装着。サイズは17インチですが、荷重指数もクリアで『車検対応』です。!(^^)!
もう一台はスバル『レヴォーグ』のホイールのみの交換。デザインは『GAB』の新商品で『バージョンTR』のブラックタイプです。ただ真っ黒ではなく、ちょっと玉虫色っぽい黒が上質感を出していて、お客様も大満足です。!(^^)!おまけに価格も手頃で大満足!

200系ハイエース クリムソン バルベロ GABレヴォーグ

2017.04.14

恒例のスバルの新車の仮装です。新型インプレッサ(GT6)へのナビ、バックカメラ取り付けですが、タイヤをよく見ると!ヨコハマの『ADVANスポーツV105』が新車装着されていました。(*_*)普段スバル車と言えば『ブリヂストン』のイメージが強かったので、今回はホントにびっくりです。フォレスター、アウトバックには『ジオランダー』世界標準のインプレッサには『ADVAN』がやはり似合うんでしょうね!乗って楽しい!走って安全!なアドバンをよろしくお願いします。<(_ _)>
最近車検の依頼も多く、今回もアウディの『A1』の車検で、オイル交換、プラグ交換、クリーナー交換の依頼です。オイルは当店おすすめの『オリジナル』と添加剤の『EPL』でバッチリ!プラグは純正のものがNGK製で一番良かったので、クリーナーとセットで交換。こんな感じで汚れていました。(*_*)後日確認をしたところ、かなりフィーリングが良くなったみたいです。!(^^)!

GT6インプレッサ V105が装着! A1のエンジンルーム NGK製の純正プラグ エアクリーナーのフィルター

2017.04.13

本日もおちゃめな『イセッタ』のお客様が来店です。!(^^)!以前塗りかけだった『サイドペインティング』がやっと完成したみたいです。ドイツの自動車メーカー『BMW』の血を受け継ぐ伝統の3輪車です。セカンドカーに『メッサーシュミット』を所有し、日本国内ではこの車の修理ができる人はこの方しかいないといわれるほどです。当店での作業はリヤのタイヤの組み換えです。輸入車らしくボルト止めの、大きなスペーサーでセンタの位置決めをしています。ホイールはスチール製なんですけど、アルミホイールがあれば変えたいそうです。!(^^)!情報をお持ちの方よろしくお願いします。
こちらのお客様も輸入車?スズキの『スプラッシュ』です。見た目はスズキなんですが製造は海外です。今回はビルシュタインショック『B4』への交換です。このショックはとても安価で性能も良く、僕もおススメします。!(^^)!お客様が車種から装着を調べ海外より取り寄せをしました。でも品番、形状を確認すると日本の『スイフト』と同じ!?やはり兄弟車なんですね!!(^^)!

BMWのロゴ イセッタ ビルシュタイン B4 逆輸入車スプラッシュ

2017.04.09

先日のブッシュ交換と同様の作業依頼です。車はダイハツ『エッセ』!ちょっと珍しい車ですが、5速ミッションで、バケットシートが付いた『少し走り屋』な感じの車です。名古屋から来店いただいていて、当店の常連のお客様です。今回はいつものオイル交換の作業と、リヤのトレーリングアームの付け根のところの『ブッシュ交換』です。このような地道なチューニングが走りに大きな影響を与えるんですよね!『ボディ補強』の考え方もこういったっことの積み重ねです。エンジンパワーも大事ですけど、足元をしっかりさせるのは走りのチューニングの基本なんですね!!(^^)!

エッセのトレーディングアーム@ エッセのトレーディングアームA

2017.04.07

1か月ほど前にトヨタ『86』にお乗りのお客様にタイヤの予約をいただき、後は取り付けのみとなった時のことです。突然エンジンが壊れてしまったそうです!エンジン内部のヘッド部に付いている『バルブ』が折れてしまい、ヘッドカバーを突き抜けて止まってしまったそうです。当店でも水平対向エンジンは良く触っていましたが、このような事象は初めて聞きますね!そのお客様の車も修理が完了し、今日はタイヤの装着とリヤのデフ周りの『強化ブッシュ』の取り付けです。『クスコ』さんから専用部品がたくさん出ているので、これから少しずつチューニングするそうです!応援しますよ!(^^)!

デフマウントのブッシュ 86のリヤデフ

2017.04.06

当店で数少ない『絶滅危惧種』な車両を所有のお客様が、タイヤとホイールを交換です。ホイールは『OZ』のレッジェーラ17インチです。タイヤはただ今『キャッシュバックキャンペーン』実施中の『ADVANスポーツV105』との組み合わせです。インプレッサ『GC8』にはやはりゴールドなんですね!でもとても似合いますね。!(^^)!

絶滅危惧車両 OZレッジェーラ

2017.04.02

今日『ミニ』のオイル交換をした時に『ドレンボルト』からオイルが漏れているのを確認しました。実は先日作業の依頼を受けて交換後、駐車場の地面にオイルが落ちているのを確認して増し締めをしたそうですが、写真のようにまた漏れていました。(*_*)よく確認をしてみると、ドレンボルトのねじ山とオイルパンのねじ山のクリアランスが大きくて少しのゆるみでもオイルが漏れるような感じでした。パッキンも原因の一つですが、部品の精度が関係しているようで、装着の際は気を付けたいところですね!(*_*)
先日のバイクと同じで、今日もバイクのタイヤ交換です。『CB750SF』とても扱いやすいマルチプレイヤーバイクです。!(^^)!昨年の冬に用意していた夏タイヤと『太くしたい文字OZスパルコ』の白色のホイールに、黒い塗装をしてみました。この塗装気に入らなくなったら『はがせる!』もので、えっ!って感じですが。お客様に用意していただき当店で装着をしました。良く似合っていますよね!!(^^)!いろんな方から問い合わせのあった商品ですが、人気があるのもわかりますよね。

漏れたドレンボルト CB750SF FIAT500アバルト

2017.04.01

今朝のニュースで発表がありました。『富士重工業』から『SUBARU』に社名が変更になりました。今まで飛行機のイメージの強かった富士重から自動車にシフトしたスバルに名前を変えたことで、最近の人気車種の開発や『愉しく、安全に』のキャッチフレーズのように他社と違った独自路線を強化する意気込みが伝わってくるようです。昨年ごろから『インプレッサ』のプラットホームを『世界基準』に開発し直し、デザインも一新してすごく良くなりました。(バランスがとても良く感じます。)これからこの基準をもとに新型車が出てくると思いますが、とても楽しみです。!(^^)!

富士重工業から SUBARUへ ものを作る会社から、笑顔を作る会社に YB−1のチェーンカバー チェーンの交換 フロント側のスプロケ

2017.03.28

先週より始まった『春のセール』以来、タイヤの交換作業もピークをむかえ出しご来店のお客様には大変ご迷惑をおかけしています。<(_ _)>タイヤ交換の作業にプラスして、春になると『バイク』のメンテナンスに来店される方も増えてきます。最近では常時3台ぐらいのバイクをお預かりして、作業待ちをしている状態です。今日はホンダ『ホーネット250』のタイヤ交換と、チェーン、スプロケの交換作業です。このホーネットというバイクはとても人気のあるバイクで、今流行の『スポーツネイキッド』の元祖のような感じですね!フロントが16インチ、リヤが17インチでサイズ的にもとてもレアです。おまけに高価なものしか設定が無いので、コスト的には少々高くなってしまいますね!(*_*)

バラバラになったホーネット リヤ部分 交換するドライブチェーン 極太リヤタイヤ ホーネット250

2017.03.25

昨年キャンペーンを実施していたホイールメーカーの『PIAA』の商品をご購入いただいたお客様の写真です。車は日産『マーチ』サイズは15インチです。
今日オイル交換に来店されたお客様の車からすごい音が!車はスバルの『サンバーワゴン』です。出所を探してみると何とマフラーではなく『EXマニホールド』でした。おそらく振動で鋳物が割れてしまったようです。スバルに確認をするとたまにあるそうですが、ユーザーにとってはたまったものではないですね!エンジンレイアウトがリヤに配置されていて、音が後ろの方から発しているのであまり気にならなかったようです。溶接をして修理をするのではなく交換になりますね!(*_*)

B12マーチ PIAAホイール 亀裂の入ったEXマニ リヤエンジンのサンバー

2017.03.23

常連のお客様の愛車がモデルチェンジしちゃいました!!(^^)!3輪車の『イセッタ』のボディーカラーを『BMW』らしく変身です。パネル一枚分しかできなかったので、少し中途半端なんですがイメージはとっても出ていて、いい感じですよね!!(^^)!

イセッタ かわいいBMW!(^^)!

2017.03.19

3月に入って夏タイヤの予約が増えてきました。お客様と商談をしていても『おすすめのアルミホイール』が、最近では価格もお手頃な『マットブラック』のホイールが多くなりました。そんな中でも昔から『デザインのこだわり』、『ブランドイメージ』でも定評の『ADVANホイール』がとても人気です。今日はそのアドバンの『RS2』のマットブラックと『NEOVA』との組み合わせでS2000への装着です。価格はちょっとしますが、飽きも来ないし、乗っても楽しいアドバンは最高です!!(^^)!当店の展示用のADVANも入れ替えです。

カッコいいBMW!(^^)! RS2のマットブラック S2000フロント S2000リヤ RS2ハイパーシルバー RG3ブラック

2017.03.18

先日マフラー修理のため入庫した車両の作業後の様子です。こんな感じで切断したパイプに差し込んでクランプで固定します。リヤのサイレンサーには新品のクランプで確実に固定します。

フロント側のジョイント リヤ側のジョイント 中間パイプ

2017.03.17

カルベットでは明日3月18日(土)から『変えトク市』を開催します。ヨコハマタイヤグループでの共同企画です。スタッドレスタイヤからの履き替えや、春に向けての車のメンテナンスなど、何かと気持ちが昂るこの季節にどうぞご相談にご来店ください。他にも『ADVANキャッシュバックキャンペン』も同時に開催しています。お得ですよ!!(^^)!

ご予約の商品 ADVANコーナー 『変えトク市』のノベルティ カルベットのチラシ!

変えトク市 ADVANキャッシュバックキャンペン

2017.03.13

ハイエース200系のお客様に16インチでタイヤ・ホイールのセットを取り付けました。『クリムソン』の『DEEN クロスカントリー』とトーヨー『H20』の組み合わせです。昔からこのディスクタイプのホイールは人気があり、ホワイトレターと相まって良く似合っています。!(^^)!今回はお客様より依頼で、『スペーサー』を装着してツライチにしたいとの事で、ホイールを装着後クリアランスの測定をしました。もともと10mmのフェンダーアーチが装着されていたので、それを加味して15mmほどのスペーサーが装着可能です。

200系ハイエース キャップを装着する前のホイール フロント側のクリアランス リヤ側のクリアランス インプレッサのLEDライナー

2017.03.11

今日はマフラーが落ちてしまって『爆音』になった車の修理見積もりです。プジョー『206SI16』のリヤサイレンサーの付け根が腐ってしまい、外れてしまいました。単純に腐った部分のマフラーを新調すればよいのですが、なんとフロントパイプからの交換で『部品代』『工賃』ともにかなり高額になりそうでお客様と悩んでしまいました。いろいろと調べてみると、このフロントパイプ付きのマフラーの途中を切断して交換する方法があるようで、これですると3分の1の価格で収まるので、今回はその手で修理をすることに・・・!(^^)!

腐ってしまった部分 フロントパイプ

2017.03.09

当店にもやっと来店しました。!(^^)!世間では販売台数1位で多く見かけると思いますが、当店では初です。トヨタの新型『プリウス』です。見た目がちょっと?なデザインで、30ほどの売れ方はしていないようですが、『走って楽しい車』を意識したセッティングだそうでちょっと興味があります。今回の依頼は、内装の改造で『LEDランプ』をダッシュボードに取り付けました。イルミが3色に変化をするとてもカラフルなものです。そのためダッシュボードとかオーディオパネルなど一式取り外しです。普段スバル車を多く扱っているので、ちょっと要領をつかむのに時間がかかりました。でもさすがトヨタです!『取説』はめちゃ詳しいですね。(*_*)

プリウスの内装 挑発的なフロントマスク テールユニット

2017.03.06

今日もスバル車です。今回の依頼は『BP5レガシー』の純正オーディオを社外オーディオに交換です。ただし少し厄介で、社外のナビがディーラーOPで装着されているものを生かしながらの換装で、ナビの音声信号をデッキに入力させるための端子がどうなっているのかの確認をして加工をしようとする依頼です。写真のように形が全く違うために合いません。どうすればよいかまた検討です。音声信号のみをデッキに入力するだけなので、簡単そうには見えますがそうはいかないみたいです。(*_*)これから悩んでみたいと思います。

純正ユニットの裏側 新しいユニット

2017.03.04

最近スバル車の作業が多いのですが、今日はその中でも最近人気の『レヴォーグ Sti』のナビ付けです。個人的にも気になっている車ですが、いろいろ分析をしてみました。基本の取り回しは同じですが、内装が少し違います。スバルの得意な高級感とSPL感をいろんなところで演出していて、一番よかったのが『革シート』です。色は茶色で、『赤のステッチ』が入ったものはSTIのイメージを継承しています。パネルも随所に同じような生地で作成されていてすごく高級感があります。外装の『LEDライナー』も専用品になっていて違います。今回エアロの装着が無かったので、外観はあまり変わりませんが外装のイメージと内装全てが『STI』!仕様になるんでしょうね!!(^^)!

レヴォーグ STI オーディオパネル 赤ステッチの入った本革シート 専用LEDライナー STIエンブレム

2017.03.02

今年になって発売開始になった『コンチネンタル』の『CC6』が入荷しました。実はこのタイヤ新商品なんですけど、市場ではすごく安く設定されているのです。もともとドイツの大手タイヤメーカーなんですけど、アジア向けに安くしたのか?アジアタイヤの対抗商品として作ったのかわかりませんが、見た感じはとても良いタイヤの感じがします。サイズレパートリーは少ないのですが、一般車の通常サイズの設定はありますので興味のある方はお問い合わせください。!(^^)!一応期間限定での販売ですので、無くなり次第終了です。
ここでお知らせです。『ヨコハマタイヤ』のタイヤの価格が『4月より』値上げとなります。取り付けが4月でも3月中のご注文でしたら価格据え置きですので合わせてよろしくお願いします。<(_ _)>

コンチネンタル『CC6』

2017.02.27

レヴォーグの『リヤバンパーカバー』の装着です。とても高級感が出ていて似合っています。取り付けは少し大変でしたがボルトオンで作業もやりがいがあります。!(^^)!

レヴォーグのリヤバンパー

2017.02.25

当店の古くからのお客様の所有の車が大変身!?変身前の写真が無いのでわからないと思いますが、いつも拝見していたお店のスタッフはホントにびっくり!!(^^)!車はもう今では旧車になるマツダ『AZ−1』です。エンジンはスズキの『F6A』で、ボディーはマツダのオリジナルでリヤミッドシップ。変わっているのはボディのほとんどが『FRP』でできています。(ベースは金属製です。)そのため古くなって色あせたボディのパーツを取り外し、塗装をし直してまた元に戻したのです。塗装は専門家に任せましたが、脱着作業は素人でも根気があれば可能です。そして完成したのがこれです。素晴らしい!まるで新車になったような感じです。10年以上前に足回りも『オーリンズ』の特注品で作成したり、ガルウイングのダンパーを『SPL仕様』にしたり、いろいろチューニングがされています。まるで『ゴーカート』のような軽自動車も今では厳しい規制の中ではとても新型では発売されそうもない希少車なんです。ホントに素晴らしい!!!(^^)!

蘇った『AZ−1』@ 蘇った『AZ−1』A 蘇った『AZ−1』B

2017.02.23

先日の『BRZ』の取り付け作業が終了しました。こんな感じで完成です。!(^^)!今日は初期型のBRZと並んで記念撮影です。!(^^)!

BRZのLEDライナー バックカメラ バラバラの内装 新旧のBRZ!

2017.02.21

今年になってスバル『BRZ』の初入庫です。初代と少しマイナーチェンジをしたようですが、なかなか良く見ないとわからない感じですね!(*_*)いつもと同じようにディーラーオプション部品の取り付けです。形はレガシー、インプレッサとは違いますが、取り外し、取り回しの感覚はやはり同じですね!今回は『LEDライナー』『ナビ』『ドアミラーオートクルーズ』の取り付けです。

BRZのボンネット バラバラの内装 ドア周りの内貼りを外すと! 取り外されたFバンパ

2017.02.19

最近はタイヤの作業よりも『修理』の依頼が多くなってきました。新しい車は故障する機会も少なく消耗品のタイヤとかオイルが多いのですが、走行距離の多い車はいろんなところで部品の寿命だったり、損傷、異常作用など機械製品の宿命で故障したりします。道具として使ったり、趣味の一環で楽しんだり長く使えば修理も多くなります。当店ではそんな方のためにできるだけ長く使用できるように最善の方法で作業をしています。!(^^)!今回も「暖房が利かない。」「スイッチが押せない」状態で入庫し事前に確認をしたところ、サーモスタットの異常とスイッチの固着で、部品代はサーモスタットのみでとても安価に修理完了でした。日本車は全般的に『部品交換』になる傾向が多いのですが、輸入車はユニットの細部まで分解できるため『原因追及』は手間ですけれど、部品のコストは安価で助かりますね!でもその分知識と経験がないと治らないことが多いんですよね!!(^^)!

バイクのエンジン不調 暖房不良のエンジン LEDフォグのバルブ

2017.02.18

常連のお客様よりマフラー取り付け作業の依頼です。ちょっと変わった形をしたこのマフラー、横浜の新羽町のメーカーで『スルガスピード』というメーカーの『ループサウンドマフラー』です。商品を見た時一見変わった形をしていてどうかと思いましたが、溶接の仕方、曲げ部分の処理、製品の出来上がりはすごく良いものでした。装着後の音も、爆音でもなく、静かすぎす程よい音で好感が持てました。後で調べましたが、『特注』の製品も作成するそうなので旧車とかレアな車のオーナーさんは必見ですね!おススメです。この製品の特長のサイレンサーが『ループ』していて、まるでトランペットのような感じの音でしたよ。パイプ径も割と細くてノーマルと変わらない感じです。

マークXのマフラー ループしたメインサイレンサー

2017.02.15

今日は東京でヨコハマタイヤさんの『感謝式』がありました。昨日から一泊二日の息抜きです。!(^^)!このイベントは毎年行われていましたが、お店の実績に応じての招待なので今回はホントに久しぶりです。それと東京にも久しぶりの上京でした。前日はヨコハマタイヤの幹部の方と話をし、夜はゆっくりと飲み交わしをしました。場所が『東京タワー』のすぐそばという事もあり近くを少し散歩していたら、すごく懐かしい感じがして昔を思い出してしまいました。30年前この夜の東京タワーを眺めながら会社に通っていたのを思い出して、今も全然変わっていない景色が本当に懐かしかったです。!(^^)!

東京プリンスタワーホテル 東京タワー 東京スカイツリー

2017.02.13

昨日に続き今日も珍しい車のお客様が来店です。『ETC』と『シガーソケット』の増設の作業依頼です。見た目にはとても行動を走れそうになさそうな雰囲気ですが、カラーリングが派手なだけで立派に公道仕様です。イタリアのアルファロメオ『ジュリア』です。年式は1964年ぐらいで50年前の車です。旧車なので作業は簡単でしたが、自分の年齢と同じぐらいの車が、こんなにきれいで元気に走っているのを見ると感動しますね!!(^^)!写真で堪能してください。

アルファ ジュリア@ アルファ ジュリアA アルファ ジュリアB アルファ ジュリアC アルファ ジュリアD アルファ ジュリアE アルファ ジュリアF

2017.02.12

あっ!懐かしい『117クーペ』?。でも少し大きいよな!免許を取って初めて乗った車がいすゞ『ジェミニ』でした。『ZZ/R』の青いツインカムの『ヘッドカバー』を持っていた頃、赤いヘッドカバーを持つ117クーペに興味を持ちながら、当時これをデザインした人があの『ジゥージアロー』でした。なんとこの車はその人がデザインをした『FIAT ディーノ』です。おまけにエンジンはフェラーリのV6エンジンで、さすがイタリア車かっこいいーなlって感じです。初めて見た車でしたが、ホントにそっくりでした。(*_*)

FIAT ディーノ@ FIAT ディーノA FIAT ディーノB FIAT ディーノC

2017.02.11

スバルさんの外注作業です。今回は珍しい車で『クロスオーバー7』エクシーガです。3列シートのこの車をスバルでは『ミニバン』のカテゴリーにしています。いつもと同じように『ナビゲーション』『バックカメラ』『LEDフォグ』の増設です。室内は本革シートでとても高級感たっぷりです。普段レヴォーグとインプレッサがとても多いのですが、この車になるとパネルの裏とか、配線の取り回しに古さを感じますね。新型の『インプレッサ』はそういう意味でもかなり進化して良くなっていますね!

クロスオーバー7 装着されたLEDフォグ 装着前の状態 コラムスイッチも交換です。 革巻きステアが魅力的

2017.02.08

今日の休日は今年度初の『スキー』に行ってきました。!(^^)!最近山の方では積雪も多く、今回はタイヤのテスト?も兼ねて楽しんで行ってきました。場所は『御嶽山』の裏側で『チャオ御岳スノーリゾート』です。娘たちが子供のころは無料で滑走できたのでよく行っていましたが、大きくなっても良くいっているそうです。!(^^)!今回は娘からのお誘いで、帰りには『温泉』と『ケイちゃん』で満喫してきました。ところがスキー場で何本か滑ったところで『ぼさっと』スキーブーツが割れてしまい、途中リタイヤです。(*_*)

はしゃぐ娘たち! チャオ御岳 樹氷 壊れてしまったブーツ 珍しい帰りのゴンドラ?

2017.02.07

先日の『レヴォーグ』に続き、今回は『新型インプレッサG4』のナビ付けです。セダンは初めての作業ですが、基本のレイアウトが同じで『リヤカメラ』の加工取り付けが違うのみでした。他には、コーナーセンサー(これは初です。)、ドラレコ、バックセンサーその他とこちらもたくさんの作業工程です。昨年も言っていましたが、以前のモデルに比べ取り付けの簡素化のためにいろんなところで工夫がみられるのは良いことですね!現代の自動車は『カメラ』の精度がかなり良くなってきたので、それを利用した安全装置がすごく進歩しています。車の周りにカメラを巡らせ、そして走行状態に合わせてコントロールしながら画面に表示をしてドライバーに知らせる。そんな理屈ですね!やはり『自動運転』を目指しているんでしょうかね?(*_*)

新型インプレッサG4 コーナーセンサー(カメラ) 最初の状態

2017.02.05

今日はとっても珍しい?そしてうれしくなるような車のお客様の来店でした。!(^^)!『プジョー106ラリー』です。実は当店が約30年前にオープンした時、お店のデモ車として展示していたものがこの『106ラリー』だったんですけど、当店のは初期型(1989年製)、お客様のは最終型(2003年製?)で微妙にデザインは違いますが、コンパクトで軽量なところは全く同じですごく懐かしかったですね!左ハンドルで左足のポジションもピッタリで、サーキットを走りたくなるような車ですね。!(^^)!今回の来店は純正ホイールにスタッドレスを装着されるためなんですが、当時のプジョーは『センターキャップ』の取り外しができなく、バランス(ダイナミック)を取ることができません。その辺は当店の技術でカバーです。お任せ下さい。!(^^)!

プジョー106ラリー 前から! 後から!

2017.02.04

今年初のスバルさんの外注作業です。車種は『レヴォーグ』で、Stiではありませんが、革シートの上級グレード車です。いつもと同じナビ、リヤカメラ、ステリモ、ドラレコ、エンスタ、LEDバルブ、その他などなどです。通常でいけば3、4日かかっていましたが、今では2日ぐらいで完成ですね!回数をこなすと作業も早くなりますが、取り付けの要領も良くなりとてもきれいに装着できますからお客様にも満足してもらえますね。!(^^)!いつも思いますが、新型車両での最初の作業は必ず『トラブルが発生』しますから、そうならないように時間をかけて慎重に作業をしています。車のセッティングを含め1年ほど経過したマイチェン後の購入をお勧めしますね!

黒のレヴォーグ ナビ付けの前の状態 ステリモを付けるためにこんな風にバラバラに!

2017.02.02

以前よりとても使い勝手の良いバイクとしてお客様にも重宝されていたスクーターが入庫しました。250ccの屋根付きのスクーターです。今回の修理依頼は「エンストする!」、それも燃料が少なくなるとアクセルを開けた時に止まるそうです。もともとインジェクションのタイプなので、燃料が少なくなると燃圧が下がり止まってしまっていたようです。そしてバッテリーもかなり弱っているのと、プラグもくすぶっていたのですべて交換です。!(^^)!調子は良くなりました。やはりイタリアのバイクはこんな感じで突然不調になるんですかね!(*_*)

メータ内のビスが? ADIVA250です。 プラグはチャンピオン製 使い勝手は最高です。

2017.01.31

最近はタイヤの話も少なくなって、冬の定番『スタッドレスタイヤ』の相談もかなり減ってきました。ところが夏タイヤや、車のドレスアップ、そして修理などタイヤ以外の依頼が多くなりました。今回もインプレッサ『WRX Sti』の修理の依頼です。来店された時「パワーが無い」「白い煙が出る」との症状で、確認をしてみると『ターボチャージャー』のタービンの軸受けがガタガタで異音まで出ていました。『タービンブロー』ってやつですね!作業内容はタービン交換と、タービン回りのオイル漏れ修理と、オイル交換です。最近ではターボの軸受けが『ボールベアリング』に変更になってブローしにくくなったと聞いていますが、旧タイプはオイル管理や、無理な使用条件等で壊れてしまうので大事に使いたいですね!!(^^)!

新品のターボチャージャー EJ20エンジン タービン回り GDBインプレッサWRX STI

2017.01.27

久しぶりのダウンサスの交換です。マツダの『スクラムワゴン』です。この車はスズキのOEMで『エブリ』と同じです。以前純正のバックカメラと社外ナビを取り付けたことがありましたが、タイヤ、ホイールと確実にステップアップして、今回の『ダウンサス』でかっこよく決まりました。!(^^)!

作業中です。 ノーマルとダウンサス 完成するとこんな感じ

2017.01.26

最近の『オートマチックミッション』はほとんどの場合『CVT』の方式になり、昔からの『AT』と言われるタイプはパワーのある車両のみの装着になりました。以前オイル交換の依頼を受けた時、走行距離が10万キロで一度も『ATFオイル』の交換をしたことのない車両で、「最近滑る」症状になりいよいよ交換もしくはO/Hをしなければいけない状況になった車両が入庫しました。車は今では絶版になったスバル『サンバー』です。リヤエンジンの4WD車です。メーカーの話によるとこの車両のATはスズキのATと同じで、割と丈夫なタイプだそうで、思い切って全量交換でも大丈夫そうなのでやってみました。(*_*)初めに以前から気になっていた『オイル漏れ』の修理のためにオイルポンプに繋がるところの『ゴムホース』の確認と(要交換)『オイルシール』の交換です。そして『オイルパン』を外しきれいに洗浄をして、コンバーターのオイルと合わせ交換しました。すると予想通り真っ黒なオイルが出てきて、交換後クラッチが滑らなければかなり効果が期待できそうな感じでした。!(^^)!最後は当然『PL−500』を100ccほど添加して完成です。結果は後日として、お客様に納車しました。

デフ付きのミッションケース ドライブシャフト オイル漏れのゴムホース

2017.01.23

今日は昨年より依頼のあったナビ付けの作業が入りました。車種はトヨタ『アルファード』の新車です。久しぶりのトヨタ車のナビ付けですが、いつも扱いなれた『ALPINE製』で配線は心配ありませんが、車両側の取り回しが気になるところですね!!(^^)!普段はスバル車が多くて、昔のイメージではスバル車は取り付けが細かくトヨタは簡単という事で安心はしていますが、最近の車の内装はとても気を使わなくてはいけないので大変です。今回の取り付け機種はアルパインの『BIGX11』で11型の超大型モニターです。そして『バックカメラ』と『12型のリヤビジョン』の3点です。バックカメラは純正で取り付ける位置が決まっていて加工作業も割と簡単です。大変なのはリヤのモニターですね!(*_*)天井の内貼りを切り取っての加工で、手跡、傷は厳禁です。事前の準備と良い工具を使って慎重に作業を進めます。やはり何でもそうですが『焦りは禁物』なんですね1!(^^)!完成した写真が取れませんでしたが、大変満足のいくできばえでした。お客様も大喜び!(とにかくすべてがデカい!)!(^^)!

下から覗いたバックカメラ Rハッチの内貼り メインのデッキの裏側 メインのコンソール(外したところ) 右側のコンソールユニット

2017.01.22

スタッドレスタイヤの交換作業も落ち着いてきました。今日は昨年末に突然壊れてしまった『インパクト』の修理をしてみました。タイヤショップにおいては一番使用頻度の高い工具で、これが無いと商売にはならないですね!!(^^)!この道具はメーカーが『空研』で小型用の軽量インパクトで『KW−1600SPRO』。とても軽くて、その割に力もあって一番人気の工具です。当店にも2台あって、年末にもう1台買い足しました。さらにもうひとつ前のモデルもありますが・・・壊れてしまった2台を分解してみると、エアー部は問題ありませんが、『ハンマー部』の一部が破損してロックの状態で止まっていました。実はこの商品もうすでに廃盤となっていましたが、部品の供給だけはまだ行っていたので、今回はこの『ハンマー』とハンマーの受けの『ハンマーホイール』を交換することに・・・これでまた10年使えるようになるのかな!!(^^)!カルベットではできるものは何でも修理しちゃいますよ。

KW−1600SPRO ハンマー部 破損した部品 2台分です。 ちょっと磨いてみました。!(^^)!

2017.01.20

当店でコンピューター診断をするときは、この『BOSCH』の『KTS540』で行います。世界中で使用されているこのテスターは、ボッシュのエンジニアが世界中の車のデータを毎日プログラムに反映させ、常に最新の状態で私たちに提供をしてくれます。年に4回大きな更新をして使用していますが、かなりの量のデータなので使用する我々も日々勉強をしながら使いこなしていかないと、付いて行けません。(*_*)こうして時間のある時には、いろんな車でテストをして勉強をしています。今回はお客様より預かっている『BRZ』のデータを吸い上げました。メーターパネルには異常信号は出ていませんが、こうして診断をするといろいろ出てきますね!僕らはこのデータを見て車の状態を判断し、お客様にアドバイスをして調子良く乗っていただけるように作業をしています。今では『自動車』も『パソコン』と同じです。たまにはリフレッシュしたり、バージョンアップしたり手入れをしてやらないと思うように動いてくれないんですよね!(*_*)

BRZのOBD2 KTS540本体とPC コンピューターの基本診断 故障内容の表示@ 故障内容の表示A

2017.01.17

最近『TVCM』で宣伝していたあれ?が我が家にもやってきました。!(^^)!『ご当地ビールの詰め合わせ』9種類の工場の違うビールが詰め合わせになっていて、『KIRIN一番搾り』です。お客様からの頂ものでした。!(^^)!

KIRIN一番搾り 全国9の工場で生産

2017.01.14

今シーズ初の積雪です。ちょっと遅い気もしますが冬にはやはり雪が似合いますよね!なんでも現在何十年ぶりの『寒気』が日本の上空にいるようで、今日明日がピークだそうです。皆さん安全運転に心がけましょう!ここで皆さんに情報です。陸運局から『警告灯が点灯または点滅している自動車について』という題目のお知らせが届きました。何でも車検時の自動車において『メーター内の警告ランプ』が点灯、点滅していると車検に通らないようです。これを消すには修理とコンピューター診断による『消去』をしないといけません。注意してくださいね。当店でも診断器はありますのでいつでもご相談ください。!(^^)!
今日は『ヨコハマタイヤ』さんが新年のご挨拶に来店され『お年賀』にこれをいただきました。『ゴルフボール』『PRGR』さすがですね!!(^^)!

こんな感じの積雪です。 3cmぐらいかな? 陸運局からの案内文書 お年賀ボール

2017.01.09

先日も整備をしたことのあった車でしたが、今日は『バケットシート』の取り付けの依頼です。イタ車でFIAT『アウトビアンキ』です。!(^^)!通常シートの取り換えの場合、シートと『ベースフレーム』『スライドレール』を組み立てて車両に取り付けをしますが、この車なんと!純正のレールがボディーに溶接で固定されていました。(*_*)これでは外した後元に戻すことができません。仕方がないので今回はあきらめましたが、通常修理の時はどうやって外すのですかね?不思議な車です。さすがイタ車!!(^^)!

アウトビアンキ 後ろ姿 溶接して固定されたレール こんな感じでシートが跳ね上がります。

2017.01.08

現在当店で預かっているバイクが『スクーター』2台、『アメリカン』1台で、ちょっと前までは『スーパーカブ』もいました。もともとはタイヤの交換作業から始まった依頼でしたが、最近では「エンジンが掛からない」とか、「調子を見てくれ」「車検を頼みたい」などバイクショップ並みの事をするようになってから、日に日に増えてきています。とてもありがたいことです。!(^^)!バイクも4輪と同じようにエンジンミッションで構成されているので、基本的には変わりません。でも圧倒的にエンジン不調での整備が多いことも特徴ですね!長い間放置してキャブレターが詰まってしまった症状が多いんですね!!(^^)!

125ccのスクーター タイヤを新品に交換 Rタイヤの交換はスクーター独特

2017.01.07

先日作業をした新型インプレッサの詳細です。今回の作業は『ナビ』『バックカメラ』『エンジンスターター』『ETC2.0』の4点で、基本のレイアウトは同じでしたが、大きな違いは『用品接続ボックス』という集中ユニットが増設され、センターパネルの奥に配置されました。以前まではメーターパネルの奥にコネクタがあっただけでしたが、これですごく便利に簡単に取り付けができるようになりました。!(^^)!けれど内装部品の取り付けの精度が上がっていて、脱着がすごく大変になりました。(*_*)でも全体的にデザインも作業性も良くなっていておススメの車ですね!

便利になった用品接続ボックス 室内の様子 2リッターNAのエンジン バックカメラ センターパネルの奥はこんな感じです。 要注意のサイドエアーバック これが設置された用品接続ボックス 完成するとこんな感じです。!(^^)!

2017.01.05

明けまして、おめでとうございます。昨年はいろいろとお世話になりありがとうございました。今年も昨年同様よろしくお願いします。<(_ _)> カルベット 2017.1

今年も仕事始めは『1月5日』からです。年末年始も例年ほど寒くもなく、割と静かに過ごしていましたが、皆さんはいかがだったでしょうか?!(^^)!写真のとおりカルベットでは、新年より『スバル車の仮装』から始まりました。車両は『新型のインプレッサ』、グローバルスタンダードになるべくプラットホームも変更し「これからスバルは変わるんだ!」と意気込みが伝わるような仕上がりですね。第一印象はボディサイズが『ワイド』に、そしてデザインが少し『ヨーロッパ調』になったかな?感じですね。今日はまずじっくり分解してみたいと思います。!(^^)!

新年のピットです。 新型インプレッサのフロント 新型インプレッサのフロント フロントライト回り テールの周り


Copyright 2006 curvet.co.ltd All right reserved